トップページ > ミノキシジル情報局 > リアップ(大正製薬)とロゲイン(ファイザー)比較!

リアップ(大正製薬)とロゲイン(ファイザー)比較!

AGA治療関係のコラム

リアップ(大正製薬)とロゲイン(ファイザー)比較!

 AGA治療の第一治療薬としてミノキシジルがあります。

ミノキシジルは外部から頭皮に直接塗布することで、頭皮の血行を促進し血管を増やすことで、髪の毛を造る毛母細胞を活性化し、発毛を促します。

ミノキシジルを配合した育毛剤はたくさんありますが、その中でも人気が高いのが、大正製薬が発売しているリアップと、ファイザーが発売しているロゲインです。

この2つのミノキシジル配合の育毛剤について、比較したいと思います(^^)

リアップ ロゲイン
メーカー 大正製薬 ファイザー
成分 ミノキシジル5% ミノキシジル5%
容量 60ml 60ml×2本
価格 約7,000円 約5,000円
1カ月あたり 7,000円 2,500円

 まず2つの製品ともミノキシジル5%が配合されていることは同じですので、成分は同じです。

メーカーの信頼性をみると、大正製薬は日本国内では知名度の高い製薬会社です。信頼できます。

対してファイザーはアメリカの製薬会社ですが、日本国内でも知名度が高く売上世界一を誇る製薬会社ですので、会社規模でいうと大正製薬の何倍も有名な製薬会社です。

ですので、リアップ、ロゲイン共に、信頼のおける製薬会社から発売されていることがわかります。

で、もっとも異なるのが価格です!ひと目見ただけで全然違いますね(^^;)

リアップは60mlで1本約7,000円です。ロゲインは60ml×2本で約5,000円です。どちらも1日2回、1回1ml使いますから、1ヶ月で60ml使い切る計算になります。

ということは、単純にロゲインは60mlが2本もついていますから、リアップの2倍持つということになります。

価格的に見ても、1カ月当たりリアップは7,000円かかるのに対し、ロゲインはたった2,500円です。およそ1/3のコストしかかかりません。

同じ効果で価格が安いと効くと、「ロゲインはリアップのジェネリック医薬品?」と思いがちですが、ロゲインはジェネリック医薬品ではなく、実は日本でリアップが発売される20年ほど前にすでにアメリカで発売されていました。

つまりある意味、ロゲインが最初のミノキシジル育毛剤なのです!

日本は薬が高いとよく言われますが、リアップは高すぎるので、ロゲインに乗り換えるが多いようです。

AGAの必須アイテム!

現在、日本全国にはたくさんのAGAクリニックがありますが、最近ではより利用者目線に立ちオンライン診察も可能なクリニックがでてきました。【AGAヘアクリニック】は診察料はずっと0円、テレビ電話によるオンライン診察、利用者の希望によるお薬処方など、極力手間と無駄を省いたAGAクリニックです。

私は必須のプロペシアに加えて頭皮にミノキシジル(ロゲイン5%)を使用しておりましたが、特有の副作用に悩まされ効果も薄かったので、こちらのチャップアップ(CHAPUP)に変えてから副作用が全くなく快適に毎日使用しています!詳しくはこちら ⇒ 「私がミノキシジル(リアップやロゲイン)からチャップアップに変えた理由。

< ページの一番上へ >
< トップページへ >