トップページ > AGA治療関係のコラム > AGAの初期症状

AGAの初期症状

AGA治療関係のコラム

AGAの初期症状

 AGAという男性型脱毛症は、突然一気に脱毛するのではなく、少しずつ症状が現れる進行性の脱毛症です。

そのため、本人が自覚していてもいなくても、初期症状が必ず現れています。代表的なAGAの初期症状は以下です。

  • 髪の毛が細くなった
  • 抜け毛が増えた
  • 抜け毛が短くて細い
  • 最近、ヘアースタイルがまとまりにくくなった
  • 髪が濡れている時に地肌が目立つ
  • 髪がぺちゃんこになりやすくなった

 AGAになると、上記の初期症状の1つまたは複数該当するようになります。

これらの初期症状は、まだ前頭部や頭頂部の髪の毛は薄くなっていると感じていなくても、AGAの兆候として現れてくるものです。

特に髪の毛は乾いているとボリュームがあるように見えやすいので、水に濡れた時というのが1番本来の髪の毛の状態がわかりやすくなります。

この時地肌が以前よりも目立っているということは、確実に髪の毛1本1本が細くなり、本数も減っているということなのです

このような兆候がでているのに治療を開始しないまま放っておくと、AGAは進行性ですので進行が止まることなく、遅かれ早かれ将来的にハゲます。

この進行度合いは個人差が非常に大きく、10年以上かけてゆっくりと薄くなる人もいれば、半年~1年で一気に薄くなる人もいます。私は後者です(^^^;)

しかしどちらのタイプも、プロペシアやミノキシジルなどでAGAの治療を行うことにより、維持又は改善することは十分に可能です。

ただし、AGAが進行してしまった状態、例えば、細い髪の毛も全く生えなくなってしまった箇所については、再度発毛させることは困難になりますので、髪の毛が細くともまだ生えているうちに、早期に専門の治療を開始することが大切なのです!

AGAの必須アイテム!

現在、日本全国にはたくさんのAGAクリニックがありますが、最近ではより利用者目線に立ちオンライン診察も可能なクリニックがでてきました。【AGAヘアクリニック】は診察料はずっと0円、テレビ電話によるオンライン診察、利用者の希望によるお薬処方など、極力手間と無駄を省いたAGAクリニックです。

私は必須のプロペシアに加えて頭皮にミノキシジル(ロゲイン5%)を使用しておりましたが、特有の副作用に悩まされ効果も薄かったので、こちらのチャップアップ(CHAPUP)に変えてから副作用が全くなく快適に毎日使用しています!詳しくはこちら ⇒ 「私がミノキシジル(リアップやロゲイン)からチャップアップに変えた理由。

同カテゴリ「AGA治療関係のコラム」内の他ページ

< ページの一番上へ >
< トップページへ >