トップページ > AGA治療関係のコラム > リアップ(大正製薬)のジェネリック医薬品はある?

リアップ(大正製薬)のジェネリック医薬品はある? - AGA治療薬

AGA治療関係のコラム

リアップ(大正製薬)のジェネリック医薬品はある?

リアップ 薄毛やハゲが気になってきた人が最初に手に取るのが、大正製薬が販売している「リアップ」ではないでしょうか?

私もAGAという病気があることを知る前は、リアップを購入して頭皮に塗っていたことがあります。しかし、長くは続きませんでした...

その理由はただ1つ....高い!!!

みなさんリアップってすごく高くないですか?1本(60ml)で定価7,400円。ネットで買っても7,000円くらいはします。私が貧乏なだけでしょうか...(^^;)こんなの続けられません。

で、最近流行りのリアップのジェネリック医薬品はないのか探してみると、意外にもけっこうたくさん販売されています。ただ海外なのでオオサカ堂などを利用して個人輸入しなければなりません。下記のような商品です。

※ ジェネリック医薬品とは、後発医薬品のことで、最初に開発された新薬(先発医薬品)の成分や製法を真似てつくった医薬品のことです。開発費用をかなり低く抑えられるので、販売価格もかなり安価に設定できます。

リアップと同じミノキシジル5%の育毛剤が、ロゲイン・カークランド・ポラリスです。ポラリスについては5%~16%までもっと濃度の濃いものもあります。

では「このロゲイン・カークランド・ポラリスはリアップのジェネリック医薬品か?」と言われるとそうではなく、実はロゲインが1番古い育毛剤で、ロゲインのジェネリック医薬品がカークランドとポラリスです。

ロゲインはアメリカのファイザーという、世界売上1位の製薬会社が販売する育毛剤で、1980年からロゲインを販売しています。

日本でのリアップ(大正製薬)の販売が1999年なので、日本よりもさらに歴史が古いのです。

そのため、ロゲインはリアップのジェネリック医薬品ではありませんが、アメリカ版リアップというようなイメージでいいと思います。

さて、大事なのは価格なのですが、リアップが1本(60ml)定価7,400円であるのに対し、ロゲインは2本(1本あたり60ml)で5,000円程度です。

安~い(笑)

リアップさん、、、いくらなんでも高すぎやしませんか?まあ、有名なんで売れますけどね(^^;)

ロゲインであればリアップの半額程度で購入できます。カークランドとポラリスについては、私も利用しているオオサカ堂で確認していただきたいのですが、ロゲインよりもさらにお安くなっています。

AGA治療は保険適用外ですから、治療費用がネックとなってきます。治療費用をできるだけ安く抑える努力も、治療を続けるためには必要になってきます。

AGAの必須アイテム!

現在、日本全国にはたくさんのAGAクリニックがありますが、最近ではより利用者目線に立ちオンライン診察も可能なクリニックがでてきました。【AGAヘアクリニック】は診察料はずっと0円、テレビ電話によるオンライン診察、利用者の希望によるお薬処方など、極力手間と無駄を省いたAGAクリニックです。

私は必須のプロペシアに加えて頭皮にミノキシジル(ロゲイン5%)を使用しておりましたが、特有の副作用に悩まされ効果も薄かったので、こちらのチャップアップ(CHAPUP)に変えてから副作用が全くなく快適に毎日使用しています!詳しくはこちら ⇒ 「私がミノキシジル(リアップやロゲイン)からチャップアップに変えた理由。

同カテゴリ「AGA治療関係のコラム」内の他ページ

< ページの一番上へ >
< トップページへ >