トップページ > AGA治療関係のコラム > ハゲとカツラ・ズラ

ハゲとカツラ・ズラ - AGA治療体験記

AGA治療関係のコラム

ハゲとカツラ・ズラ

 日本では、一昔前まではハゲたらカツラをかぶるというのが、薄毛やハゲを隠す唯一の方法でした。

テレビキャスターや芸能人でも、明らかにカツラだとわかる人がたくさんいた時代です。

カツラにはAGAなどの脱毛によりかぶるカツラと、火傷や抗がん剤の副作用などで脱毛した場合にかぶる医療用カツラがあります。

この2種類は明確な区別があるわけではありませんが、昔のカツラと違い今のカツラは非常に進歩しています。

カツラをかぶっていて1番不自然に見えるところは、生え際です。

生え際が不自然だとどうしてもカツラだとばれやすいのですが、現在では、人工皮膚の活用で、人工皮膚の部分が頭部の皮膚と色が同化し、かなり自然な見え方にすることが可能です。

また、カツラの髪の毛は、人毛(人の髪の毛)を使用することが一般的ですが、最近では化学的に造った人工毛髪も、人毛と区別がつかないくらいに進歩してきました。

カツラのつけ方

 頭部全体に着けるカツラも部分的につけるカツラも、取り付け方はさまざまあります。女性用のファッションの1つとして、ウィッグというのもかなり流行していますね。

まず、自毛が残っている人の場合は、専用のピンで留める方法があります。昔からある装着方法です。手軽に着脱ができますが、ズレてしまう危険性もあります。

自毛がほとんど残っていない人の場合は、専用の両面テープ専用の接着剤で取り付ける方法があります。接着力が強く、スポーツも可能になりますが着脱に専用のリムーバーを使う必要があり、少し手間がかかります。

最後に、編み込み方式です。

まだ残っている髪の毛を、かつらの外周部分に編み込み強力に取り付けます。

専用のサロンやメーカーで編み込み作業をしてもらうため、手間とお金がかかりますが、固定力がかなり強く、取り付けたままシャンプーができ、長期間付けたままで使い続けられるというメリットがあります。

AGAの必須アイテム!

現在、日本全国にはたくさんのAGAクリニックがありますが、最近ではより利用者目線に立ちオンライン診察も可能なクリニックがでてきました。【AGAヘアクリニック】は診察料はずっと0円、テレビ電話によるオンライン診察、利用者の希望によるお薬処方など、極力手間と無駄を省いたAGAクリニックです。

私は必須のプロペシアに加えて頭皮にミノキシジル(ロゲイン5%)を使用しておりましたが、特有の副作用に悩まされ効果も薄かったので、こちらのチャップアップ(CHAPUP)に変えてから副作用が全くなく快適に毎日使用しています!詳しくはこちら ⇒ 「私がミノキシジル(リアップやロゲイン)からチャップアップに変えた理由。

同カテゴリ「AGA治療関係のコラム」内の他ページ

< ページの一番上へ >
< トップページへ >