トップページ > AGA治療関係のコラム > ハゲでも似合う髪型・薄毛が目立たない髪型

ハゲでも似合う髪型・薄毛が目立たない髪型 - AGA治療体験記

AGA治療関係のコラム

ハゲでも似合う髪型・薄毛が目立たない髪型

 まず、AGAの人は必ずハゲや薄毛を隠そうとします。

まだ生えてきている髪の毛を延ばしてみたり、伸びた毛を薄い部分に無理やりもってきたりします。

でもこれって、実はかなりの逆効果なんです(^^;)

ハゲを隠すためには、部分的にカツラやウィッグといったかなりの毛量が必要になりますので、自分の毛で完全にハゲを隠すことは、基本的にはできません...。

ハゲを目立たなくするための基本は、ハゲを隠そうとするのではなく、ハゲていない部分をハゲている部分と同じような感じにカットすると、ハゲが同化してかなり目立ちにくくなります。つまり、ハゲを積極的に見せていくのです!

それでは、男性ができるハゲ目立たない髪型をご紹介したいと思います(^^)

ボウズ - 薄毛・ハゲが目立たない髪型その1

 これは昔から基本中の基本ですね。ハゲたらボウズっていうのが、ある意味セオリーかもしれません...。髪の毛を全体的に短くすることで、ハゲている部分も含め髪の均一化ができるので、かなり目立たなくなります。

スキンヘッドまでツルツルにするとガラが悪く見えてしまうので、6ミリ(3分刈り)~9ミリ(5分刈り)ぐらいの長さが妥当だと思います。

ボウズにしたことがない方にはかなり勇気が必要ですが、ボウズって意外と清潔感があって、男性であれば服装しだいでお洒落に見えることもあるんです。

欧米人はハゲが多いですが、ハリウッド俳優なんかはボウズでもかっこいい人たくさんいますよね。あんな感じです。 市川海老蔵なんかもボウズですね。

ソフトモヒカン - 薄毛・ハゲが目立たない髪型その2

 ボウズはシンプルすぎてオシャレじゃない!という方には、ソフトモヒカンをおすすめします!

ソフトモヒカンといってもいろいろな種類がありますが、薄毛を目立たなくするためには、モミアゲと後頭部はバリカンで刈り上げ、頭頂部周辺の髪の毛をある程度残す方法です。

スポーツ選手なんかはよくやっている髪型ですが、薄毛が目立ちにくくスタイリングすればお洒落な髪型になります。

より目立ちにくくするためには、薄い部分の髪の毛を長めに、長い部分の髪の毛を短くカットすることがポイントです!

短髪・ショート - 薄毛・ハゲが目立たない髪型その3

 一口に短髪といってもいろいろな種類がありますが、子供がよくやるスポーツ刈りや、ビジネスマンに多いショートヘアが該当します。

男性の短髪は一般的に好印象を与えます。清潔感・さっぱり感・活動的な感じ・若々しさなどです。

ボウズやソフトモヒカンなんかは、仕事の種類によってはNGな場合もありますが、短髪がNGな職種はおそらくないと思います。

ちなみに、私もこちらの髪型です。髪を切るときには、いつも「ショートでお願いします。」という風に言っています。

番外編:髪の毛を染める

 これはけっこう荒業ですが、髪の毛を頭皮の色に近い茶色や明るめの色に染めると、地肌とある程度同化しますので、あまり目立たなくなります。

タレントの所ジョージさんを思い出してみてください。M字ハゲで全体的にもかなり薄くなっていますが、髪をかなり明るい色に染めて短髪なので、あまり気にならないでしょ?

ただ、髪の毛を染めるという行為は髪の毛をかなり傷めますので、最終手段であると思っておく方がよいと思います。

AGAの必須アイテム!

現在、日本全国にはたくさんのAGAクリニックがありますが、最近ではより利用者目線に立ちオンライン診察も可能なクリニックがでてきました。【AGAヘアクリニック】は診察料はずっと0円、テレビ電話によるオンライン診察、利用者の希望によるお薬処方など、極力手間と無駄を省いたAGAクリニックです。

私は必須のプロペシアに加えて頭皮にミノキシジル(ロゲイン5%)を使用しておりましたが、特有の副作用に悩まされ効果も薄かったので、こちらのチャップアップ(CHAPUP)に変えてから副作用が全くなく快適に毎日使用しています!詳しくはこちら ⇒ 「私がミノキシジル(リアップやロゲイン)からチャップアップに変えた理由。

同カテゴリ「AGA治療関係のコラム」内の他ページ

< ページの一番上へ >
< トップページへ >