トップページ > AGA治療関係のコラム > 高校生(未成年者)でもハゲる?

高校生(未成年者)でもハゲる? - AGA治療体験記

AGA治療関係のコラム

高校生(未成年者)でもハゲる?

 いつものようにインターネットでAGAについて調べていると、気になる記事を見つけました。

ぼくは高校生ですが、周りの友達よりも明らかに髪の毛にボリュームがなく、おでこが上がってきている。」ということで、非常に悩んでいるようでした。

大変不幸なことだと思います(;_;)現在20代後半の私ですら薄毛になったことで周りの目が気になるのに、それが思春期真っ只中の高校生の内にAGAになるなんて、天のいらずらとしか思えません...。

AGAは早い人では20歳前後から少しずつ進行し始めますので、高校生をはじめ、20歳未満の未成年者でも十分にハゲる可能性があるのです!

ちなみにAGAは、男性ホルモンの活動が活発になる思春期以降になると、発症する可能性がでてきます。

症状の出方は人によってさまざまですので、なんとなく髪の毛が細い気がする程度の人もいれば、明らかに全体的に髪の毛が細くなる人もいます。

そういえば思い出したのですが、私はもともと髪の毛が猫毛なのですが、冗談で高校の友人に「おまえ、ハゲてる?」って言われたことあります(^^;)

まあもちろんその時はお互いにそれほど気にしてはいませんでしたが、今思うとAGAの前兆だったのかもしれませんね(^^;)

高校生・未成年者にはプロペシアは使えない!

 高校生や未成年者がAGAになってしまった場合、AGAの第一治療薬であるプロペシアを処方されればいいのですが、原則、処方できなことになっています!

なぜなら、20歳未満での安全性及び有効性は確立されていないことから、AGAクリニックなどの病院では、未成年に対してプロペシアの処方はできないことになっています(^^;)

つまり、20歳になるまで待ってくださいということです。そんなの待てない!ということで、オオサカ堂などの個人輸入でプロペシアを購入する方法もありますが、やはり不安がつきまとうのも事実です。

また同じくAGAの第一治療薬となっているミノキシジルも、同様の理由で未成年には使用できなことになっています。

そのため、他の治療薬塩化カルプロニウム液(フロジン液)などを使用して、薄毛治療を行う方法もあります。

塩化カルプロニウム液は、日本皮膚科学会が上から3番目のC1 = 行うことを考慮してもよいが、十分な根拠がないと評価していますので、やらないよりはやった方がいいという程度のものです。

市販されている育毛剤では、アロビックス(長生堂・佐藤製薬)・カルプラニン(松浦薬業)・フロジン(第一三共) などに含まれていますので、検討してみるとよいでしょう!

AGAの必須アイテム!

現在、日本全国にはたくさんのAGAクリニックがありますが、最近ではより利用者目線に立ちオンライン診察も可能なクリニックがでてきました。【AGAヘアクリニック】は診察料はずっと0円、テレビ電話によるオンライン診察、利用者の希望によるお薬処方など、極力手間と無駄を省いたAGAクリニックです。

私は必須のプロペシアに加えて頭皮にミノキシジル(ロゲイン5%)を使用しておりましたが、特有の副作用に悩まされ効果も薄かったので、こちらのチャップアップ(CHAPUP)に変えてから副作用が全くなく快適に毎日使用しています!詳しくはこちら ⇒ 「私がミノキシジル(リアップやロゲイン)からチャップアップに変えた理由。

同カテゴリ「AGA治療関係のコラム」内の他ページ

< ページの一番上へ >
< トップページへ >