トップページ > AGA治療関係のコラム > 育毛剤と発毛剤の違い

育毛剤と発毛剤の違い - AGA治療体験記

AGA治療関係のコラム

育毛剤と発毛剤の違い

 薬局やドラッグストアに行くと、多種多様な育毛剤発毛剤が販売されています。

パッケージの裏側の説明文を読んでみると、「育毛」や「発毛を促進する」といったような文言が見受けられます。商品自体も、「育毛剤」と書いてあったり「発毛剤」と書いてあったりバラバラです。

気になるので、育毛剤と発毛剤の違いについて、検証したいと思います(^^)

薬事法では、育毛剤も発毛剤も同じ

 日本では、薬に関する取決め事は薬事法という法律で定められています。

しかし実は薬事法には、育毛剤と発毛剤を明確に区別した定義が存在しません!つまり、どっちの名前をつけても問題はないということです(^^;)

法律的には、発毛したり髪の毛が成長したりする成分が入っていれば、育毛剤と表記しても発毛剤と表記しても全く問題ないということです。

ただし、製薬メーカーとしては、少しでもインパクトのある商品名で販売したいので、「発毛剤」という肩書きをつけたいのですが、薬局やドラッグストアで購入できるものは、「育毛剤」と書いてあるものが多いです。

それは、厚生労働省の認可が関係しています!

実質、医薬品と医薬部外品で分けられている!

 日本で薬を販売する場合には、厚生労働省の認可を得る必要があります。

結論から申し上げますと、「育毛剤」という肩書の方が認可が下りやすく、「発毛剤」の方が基準が厳しくなっています。

私の知る限り、現在「発毛剤」という肩書がついているのは、必ずフィナステリドやミノキシジルなど、病院でも処方される成分が配合された製品だけです。

現に、ミノキシジルが配合されたリアップは、「発毛剤」と表記されています。他のフィナステリドやミノキシジルが配合されていない製品は、すべて「育毛剤」と表記されています。

ちなみに、「発毛剤」と表記されている製品は「医薬品」と表記され、「育毛剤」と表記されている製品には「医薬部外品」という風に表記されています。

医薬品として認可が下りれば、「発毛剤」という肩書きで販売できますし、医薬部外品として認可が下りれば、「育毛剤」という肩書で販売することになります。

厚生労働省の認可には長い年月がかかりますので、製薬メーカーとしては早く売り出したいがために、発毛剤として開発した製品であっても、医薬部外品として先に認可を受けて、「育毛剤」と表記して販売するケースも多いようです。

結局のところ、育毛剤と発毛剤のイメージ

 薬事法によると育毛剤と発毛剤には明確な違いはありません。厚生労働省の認可状況からみると、発毛剤 = 医薬品育毛剤 = 医薬部外品ということがわかりました。

しかしなんだか小難しいので、育毛剤と発毛剤には下記のようなイメージを持っていただければと思います。

育毛剤
血行促進や栄養を補給することで、今生えている毛の成長を助け、毛を太く丈夫にする
発毛剤
毛が抜け落ちて生えてこなくなった部分に働きかけ、新しい毛を発毛させる

養毛剤とは

 育毛剤・発毛剤という呼び方の他に、「養毛剤」という商品も存在します。養毛剤は下記のようなイメージです。

養毛剤
頭皮や髪に適度な水分や油分を補給し、髪を外部からのダメージから守ったり、痛みを修復する

つまり、養毛剤は育毛剤や発毛剤とは異なり、髪の毛を守るトリートメント程度のイメージでとらえていただければと思います。化粧水のようなイメージです。

AGAの必須アイテム!

現在、日本全国にはたくさんのAGAクリニックがありますが、最近ではより利用者目線に立ちオンライン診察も可能なクリニックがでてきました。【AGAヘアクリニック】は診察料はずっと0円、テレビ電話によるオンライン診察、利用者の希望によるお薬処方など、極力手間と無駄を省いたAGAクリニックです。

私は必須のプロペシアに加えて頭皮にミノキシジル(ロゲイン5%)を使用しておりましたが、特有の副作用に悩まされ効果も薄かったので、こちらのチャップアップ(CHAPUP)に変えてから副作用が全くなく快適に毎日使用しています!詳しくはこちら ⇒ 「私がミノキシジル(リアップやロゲイン)からチャップアップに変えた理由。

同カテゴリ「AGA治療関係のコラム」内の他ページ

< ページの一番上へ >
< トップページへ >