トップページ > AGA治療関係のコラム > AGA専門治療院(AGA専門クリニック)と皮膚科の違い

AGA専門治療院(AGA専門クリニック)と皮膚科の違い

AGA治療関係のコラム

AGA専門治療院と皮膚科の違い

AGA治療院 日本でAGA治療のために病院にかかる場合は、AGA専門治療院皮膚科のどちらかに行くことになります。

AGA専門治療院というのは、私が通っている 湘南美容外科クリニックのように、AGAの患者だけを診ているところで、皮膚科というのは街中によくある一般的な皮膚科のことをいいます。

どちらも医師免許を持ったしっかりとした医師が診察してくれるのですが、AGA治療院と皮膚科では何点か違いがみられますので、それぞれの項目を表にしてまとめてみました(^^)

  AGA専門治療院 皮膚科
AGA治療に対する専門性 高い AGA専門治療院よりは低い
診療科 AGAのみ 皮膚疾患全般
検査 血液検査・遺伝子検査などができる 一般的な検査
通院 基本1ヶ月ごとに、頭髪の経過を観察しながら処方される 1ヶ月~6か月に一度通い、まとめて薬をもらう
敷居 少し高い 低い
通いやすさ 都会にしかない 近所にある
保険 AGA治療には適用なし AGA治療には適用なし
治療法 プロペシアの他に、ミノキシジル・育毛カクテル・植毛など選択肢が広い プロペシアのみ処方のところが多い
費用 7,000~30,000円程度 9,000~10,000円程度

上記のようにAGA専門治療院と皮膚科にはさまざまな違いがありますが、1番大きなところは、”AGA治療に特化しているかどうか”というところだと思います。

街中によくある皮膚科でもAGAの薬(プロペシア)は処方できますし、こちらから聞けば教えてくれますが、一般的にさまざまな疾患の中の1つという扱いで、プロペシアを処方されて終わりといった感じです。

対してAGA専門治療院では、まずは家族歴などの問診、医師による視診を行います。この際、マイクロスコープで髪の毛の状態を細かくチェックします。

プロペシアが大丈夫かどうか血液検査を行ったり、遺伝子検査を行うこともできます。

AGAの治療という部分にだけ着目して評価するとすれば、やはり圧倒的にAGA専門治療院に軍配が上がるのです!

もちろん一般的な皮膚科でもAGA治療に力を入れているところもあるかもしれませんが、私が通おうと思って探した限りではなかったです(^^;)

もしAGAの治療を真剣にお考えならば、皮膚科ではなくAGA専門治療院に行くことをおすすめいたしますm(_ _)m

AGAの必須アイテム!

現在、日本全国にはたくさんのAGAクリニックがありますが、最近ではより利用者目線に立ちオンライン診察も可能なクリニックがでてきました。【AGAヘアクリニック】は診察料はずっと0円、テレビ電話によるオンライン診察、利用者の希望によるお薬処方など、極力手間と無駄を省いたAGAクリニックです。

私は必須のプロペシアに加えて頭皮にミノキシジル(ロゲイン5%)を使用しておりましたが、特有の副作用に悩まされ効果も薄かったので、こちらのチャップアップ(CHAPUP)に変えてから副作用が全くなく快適に毎日使用しています!詳しくはこちら ⇒ 「私がミノキシジル(リアップやロゲイン)からチャップアップに変えた理由。

同カテゴリ「AGA治療関係のコラム」内の他ページ

< ページの一番上へ >
< トップページへ >