トップページ > AGA治療関係のコラム > 誰に対して薄毛(ハゲ)を気にしているのか

誰に対して薄毛(ハゲ)を気にしているのか - AGA治療体験記

AGA治療関係のコラム

誰に対して薄毛(ハゲ)を気にしているのか

 薄毛ハゲって悩みますよね...。

AGA治療をしない限り、自分の力ではどうしようもないですし、だれが悪いわけでもありません。体質だから仕方ありません。

しかし、薄毛やハゲになると、周りの視線がとても気になります。私も人に後ろに立たれると、「頭頂部を見られているのではないか?」という恐怖心が生まれてしまいます...(^^;)

徳島大学大学院の荒瀬誠治先生(ヘルスバイオサイエンス研究部 皮膚科学教授)の行った調査で、「AGAとストレス・生活QOL」という興味深い調査がありますので、少しご紹介したいと思います(^^)

薄毛(ハゲ)を気にしている対象者のアンケート結果

 荒瀬誠治先生の調査では、3177人からアンケートの回答をもらい、その内、「薄毛を自認している」と答えた人は1710人でした。

この1710人の中で、さらに「気にしている」と答えた1293人に対し、誰に対して薄毛(ハゲ)気にしているのか」というアンケートをとりました。その結果が下記です。

対象者 割合
職場の同僚・学校の同級生 43%
彼女・妻・パートナー 40%
友人・知人 38%
家族・親戚 23%
他人(女性) 44%
他人(男性) 30%

※ 複数回答可のアンケートですので、合計しても100%になりません。

表のようなアンケート結果となりました。

やはり普段からよく会う人に対して気にしている人が多く、中でもやはり特に女性に対して気にしている傾向があります。

私もそうです。男性に対しても気にしますが、相手が女性であればなおさら気にします。絶対に頭頂部は見せません!(笑)まあ、見えちゃうんですけどね(^^;)

またこのアンケート結果とは別に、薄毛(ハゲ)が気になりだすと、「自分に対する自信がなくなった」「外に出るのをためらうようになった」「スポーツや濡れることをためらうようになった」など、精神面や気持ちの面でもネガティブになるという結果もわかりました。

この気持ち、私のようにAGAで悩む人ならよくわかるはずです。私もすべて当てはまりますもん...。

薄毛(ハゲ)というのは、外見だけが変わるのではなく、その人の内面にまでも影響してしまうのです。

AGAの必須アイテム!

現在、日本全国にはたくさんのAGAクリニックがありますが、最近ではより利用者目線に立ちオンライン診察も可能なクリニックがでてきました。【AGAヘアクリニック】は診察料はずっと0円、テレビ電話によるオンライン診察、利用者の希望によるお薬処方など、極力手間と無駄を省いたAGAクリニックです。

私は必須のプロペシアに加えて頭皮にミノキシジル(ロゲイン5%)を使用しておりましたが、特有の副作用に悩まされ効果も薄かったので、こちらのチャップアップ(CHAPUP)に変えてから副作用が全くなく快適に毎日使用しています!詳しくはこちら ⇒ 「私がミノキシジル(リアップやロゲイン)からチャップアップに変えた理由。

同カテゴリ「AGA治療関係のコラム」内の他ページ

< ページの一番上へ >
< トップページへ >