トップページ > AGA治療関係のコラム > AGAのタイプ分類(ハミルトン・ノーウッド分類)

AGAのタイプ分類(ハミルトン・ノーウッド分類) - AGA治療体験記

AGA治療関係のコラム

AGAのタイプ分類(ハミルトン・ノーウッド分類)

AGAハミルトン・ノーウッド分類

 現在欧米のAGAのタイプ分類として広く用いられているのが、ハミルトン・ノーウッド分類です。AGAのタイプをI型~VII型までの7段階に分類しています。

AGAの診断基準を示したJ・B・ハミルトンという人と、後にこの診断基準を修正したOT・ノーウッドという人の名前をとって、ハミルトン・ノーウッド分類と呼ばれています。

患者が現在どのタイプに分類されるか診断することで、治療の方針を決定したり、治療の可能性、治療効果の検証などに役立てられています。

ちなみに、欧米人は前頭部からハゲる人が多いのに対し、日本人は頭頂部からハゲる人が多いので、日本では、ハミルトン・ノーウッド分類をさらに日本人向けに修正した高島分類が広く用いられています。

AGAの必須アイテム!

現在、日本全国にはたくさんのAGAクリニックがありますが、最近ではより利用者目線に立ちオンライン診察も可能なクリニックがでてきました。【AGAヘアクリニック】は診察料はずっと0円、テレビ電話によるオンライン診察、利用者の希望によるお薬処方など、極力手間と無駄を省いたAGAクリニックです。

私は必須のプロペシアに加えて頭皮にミノキシジル(ロゲイン5%)を使用しておりましたが、特有の副作用に悩まされ効果も薄かったので、こちらのチャップアップ(CHAPUP)に変えてから副作用が全くなく快適に毎日使用しています!詳しくはこちら ⇒ 「私がミノキシジル(リアップやロゲイン)からチャップアップに変えた理由。

同カテゴリ「AGA治療関係のコラム」内の他ページ

< ページの一番上へ >
< トップページへ >