トップページ > プロペシア情報局 > フィナステリドとミノキシジル

フィナステリドとミノキシジル - AGA治療薬

プロペシア(フィナステリド)の効果・副作用などの情報

フィナステリドとミノキシジル

プロペシア(フィナステリド) AGA治療薬の2大治療薬といえば、フィナステリドミノキシジルです。

どちらも日本皮膚科学会が、AGA治療薬として最高Aランクに評価している成分で、日本国内だけでなく世界各国でAGA治療薬として一般的に用いられています。

フィナステリドやミノキシジルというのは成分の名称で、商品名としては、フィナステリド=プロペシア(MSD社)ミノキシジル=リアップ(大正製薬)という名称で販売されています。

フィナステリドが含まれる商品には、下記のような商品があります。日本国内で処方されるプロペシアと同じ効果で安く購入できます。同じフィナステリド1mg含有商品です。

フィナステリド系AGA治療薬
プロペシア フィンペシア エフぺシア

ミノキシジルの方も、日本国内で処方されるリアップはとても高いですが、下記のような商品であれば、かなりお安く購入できます。リアップと同じミノキシジル5%含有商品です。

フィナステリドは内服薬、ミノキシジルは基本外用薬!

 さてフィナステリドとミノキシジルですが、フィナステリドは内服薬として錠剤として服用します。1日1錠が基本です。

対してミノキシジルは、小さめのボトルタイプになっており、頭皮に薬液を塗布して使用します。外用薬といいます。

フィナステリドはDHT(脱毛ホルモン)の生成を抑えることで、身体の中から脱毛を防止します。

ミノキシジルは頭皮に直接塗布することで血行を促進し、発毛を促す物質を分泌させます。身体の外から発毛を促します。

フィナステリドを外用薬として使用することはありませんが、ミノキシジルは外用薬だけでなく錠剤として内服薬としても処方されることがあります。

湘南美容外科クリニックなどのAGA専門クリニックでは、それぞれのクリニックのオリジナル処方ということで、フィナステリドとミノキシジルを配合した錠剤が発売されています。

ミノキシジルは内服することで頭皮に塗布するよりも有効に作用し、より発毛効果が高くなるのです。しかしその分、副作用が強くでやすいといわれています。

フィナステリドとミノキシジルの役割、違いなどは以上ですm()m

AGAの必須アイテム!

現在、日本全国にはたくさんのAGAクリニックがありますが、最近ではより利用者目線に立ちオンライン診察も可能なクリニックがでてきました。【AGAヘアクリニック】は診察料はずっと0円、テレビ電話によるオンライン診察、利用者の希望によるお薬処方など、極力手間と無駄を省いたAGAクリニックです。

私は必須のプロペシアに加えて頭皮にミノキシジル(ロゲイン5%)を使用しておりましたが、特有の副作用に悩まされ効果も薄かったので、こちらのチャップアップ(CHAPUP)に変えてから副作用が全くなく快適に毎日使用しています!詳しくはこちら ⇒ 「私がミノキシジル(リアップやロゲイン)からチャップアップに変えた理由。

同カテゴリ「プロペシア情報局」内の他ページ

< ページの一番上へ >
< トップページへ >