トップページ > AGA治療専門用語集 > M字ハゲ

M字ハゲ - AGA治療体験記

AGA治療専門用語集

M字ハゲ

 M字ハゲは、上のイラストの1番下にある、M字にくるタイプというハゲ方になります。

薄くなってくるのは頭頂部と髪の生え際から始まりますが、M字にくるタイプでは、おでこの左右にある生え際がどんどん後退してきますので、Mの形に薄くなってきます。

その内おでこ全体が後退してきて、髪の毛が生えていない部分が広くなってきます。

日本人は頭頂部から薄くなる人が多いのですが、その次に多いのが、このM字ハゲです。

はじめの内は前髪である程度は隠せますが、その内あきらかにおでこが広くなりますので、隠しきれなくなってしまいます。

プロペシアはM字ハゲには効かない!?

 AGAの第一治療薬となっているプロペシアですが、一般的に頭頂部には効果がでやすいのですが、M字部分には効果がでにくいといわれています。

それは、他の部分よりもDHT(脱毛ホルモン)の量が多いことや、血流が悪くなりやすい部分でもあるからです。

そのため、プロペシアだけでなくミノキシジルも併用する方が、効果がでやすくなっています。

AGAの必須アイテム!

現在、日本全国にはたくさんのAGAクリニックがありますが、最近ではより利用者目線に立ちオンライン診察も可能なクリニックがでてきました。【AGAヘアクリニック】は診察料はずっと0円、テレビ電話によるオンライン診察、利用者の希望によるお薬処方など、極力手間と無駄を省いたAGAクリニックです。

私は必須のプロペシアに加えて頭皮にミノキシジル(ロゲイン5%)を使用しておりましたが、特有の副作用に悩まされ効果も薄かったので、こちらのチャップアップ(CHAPUP)に変えてから副作用が全くなく快適に毎日使用しています!詳しくはこちら ⇒ 「私がミノキシジル(リアップやロゲイン)からチャップアップに変えた理由。

< ページの一番上へ >
< トップページへ >