トップページ > AGA治療専門用語集 > ハゲ・若ハゲ

ハゲ・若ハゲ - AGA治療体験記

AGA治療専門用語集

ハゲ・若ハゲ

 ハゲる原因はさまざまありますが、原因の90%以上AGAといわれています。特に若ハゲの方の場合では、そのほとんどがAGAが原因です。

しかし、よくよく考えてみると、ハゲの中でも「若ハゲ」と言われることがあります。

どうでもいいことかもしれませんが、ハゲと若ハゲの違いについて、考えてみました(^^)

まず、40代、50代の男性がハゲていても若ハゲとはいいません。ただのハゲです。

しかし、20代、30代の人がハゲていると、若ハゲといわれます。要は、年齢が若い人がハゲると若ハゲと呼ばれるのです。

よく若ハゲと呼ばれやすいのは、顔が童顔で年齢が若そうに見えるのに、髪の毛が薄くハゲていると、「あの人は若ハゲだよね。」なんて言われてしまいます(^^;)

特に私のように20代から髪が薄くなってきた人は、おそらく将来的に若ハゲと呼ばれる可能性が高いと思います。

私は現在AGAの治療をしていますが、もし治療を開始せず5年後どうなっているかを想像してみると、おそらく頭頂部はぽっかりハゲていると思います...。年でいうと30代前半ですから、完全なる若ハゲですよね(;_;)

私としては、若ハゲと呼ばれる年齢でハゲるのではなく、できるだけ普通のハゲと呼ばれる年齢までは、自分の髪を維持したいと思います!

AGAの必須アイテム!

現在、日本全国にはたくさんのAGAクリニックがありますが、最近ではより利用者目線に立ちオンライン診察も可能なクリニックがでてきました。【AGAヘアクリニック】は診察料はずっと0円、テレビ電話によるオンライン診察、利用者の希望によるお薬処方など、極力手間と無駄を省いたAGAクリニックです。

私は必須のプロペシアに加えて頭皮にミノキシジル(ロゲイン5%)を使用しておりましたが、特有の副作用に悩まされ効果も薄かったので、こちらのチャップアップ(CHAPUP)に変えてから副作用が全くなく快適に毎日使用しています!詳しくはこちら ⇒ 「私がミノキシジル(リアップやロゲイン)からチャップアップに変えた理由。

< ページの一番上へ >
< トップページへ >