トップページ > AGA治療専門用語集 > 前頭部(髪の生え際)

前頭部(髪の生え際) - AGA治療関連情報

AGA治療専門用語集

前頭部(髪の生え際)

 前頭部(髪の生え際)は、上のイラストの1番上の部分にあるハゲ方にです。

よく似ているハゲ方に1番下のM字型があるのですが、M字型がM字に薄くなってくるのに対し、前頭部型は、おでこの生え際部分が全体的に後退していきます。

M字型のように剃り込みのような薄くなり方ではなく、おでこの生え際横一列が、少しずつ後退してきます。

まだ進行していないうちは、前髪である程度は隠せるのであまり目立ちませんが、その内隠し切れない程後退し、髪の生えていない部分が頭頂部の方まで後退していきます。

前頭部はプロペシアが効きにくい!?

 AGAの第一治療薬となっているプロペシアですが、一般的に前頭部には効きにくいといわれています。

その理由は、前頭部には脱毛の原因となるDHTが他の部分よりも多く分泌されていることや、血流が悪くなりやすい部分といった理由が挙げられます。

そのため前頭部の薄毛を改善するためには、プロペシアだけでなく、局所的に作用するミノキシジルを併用することが効果的です。

AGAの必須アイテム!

現在、日本全国にはたくさんのAGAクリニックがありますが、最近ではより利用者目線に立ちオンライン診察も可能なクリニックがでてきました。【AGAヘアクリニック】は診察料はずっと0円、テレビ電話によるオンライン診察、利用者の希望によるお薬処方など、極力手間と無駄を省いたAGAクリニックです。

私は必須のプロペシアに加えて頭皮にミノキシジル(ロゲイン5%)を使用しておりましたが、特有の副作用に悩まされ効果も薄かったので、こちらのチャップアップ(CHAPUP)に変えてから副作用が全くなく快適に毎日使用しています!詳しくはこちら ⇒ 「私がミノキシジル(リアップやロゲイン)からチャップアップに変えた理由。

< ページの一番上へ >
< トップページへ >