トップページ > AGA治療専門用語集 > 毛乳頭

毛乳頭 - AGA治療関連情報

AGA治療専門用語集

毛乳頭

 何年か前に毛乳頭を刺激する~!」というようなセリフが流れるCMがありましたが、そもそも毛乳頭ってどこのことだかご存知でしょうか?

上のイラストは、頭皮の髪の毛が生えている部分の断面図です。

毛乳頭は髪の毛の根元部分にあり、毛細血管から栄養や酸素を取り込んで、髪の毛に栄養を送り届ける役割を持っています。

また、毛乳頭部には毛母細胞と呼ばれる髪の毛を造る部分があり、毛母細胞が活発に働いている限り、髪の毛は抜いても次から次へと生えてくるのです!

そのため、CMではこの毛乳頭を刺激することによって、髪の毛が生えるんだよ~ということを、強調しているのだと思います。

さて、AGAの人はこの毛母細胞の働きが弱くなっているか、または完全に死んでしまっているケースもあります。

毛母細胞の働きが弱くなっている場合は、プロペシアやミノキシジルを使用することで、再度活発に動き出すこともありますが、完全に死んでしまっているケースでは、基本的には再度復活する可能性は極端に低くなります。

ですので、完全に毛母細胞が死んでしまいツルツルの状態になる前に、産毛でもいいのでまだ生えている段階でAGA治療を開始する方が、効果がでやすいのです。

AGAの必須アイテム!

現在、日本全国にはたくさんのAGAクリニックがありますが、最近ではより利用者目線に立ちオンライン診察も可能なクリニックがでてきました。【AGAヘアクリニック】は診察料はずっと0円、テレビ電話によるオンライン診察、利用者の希望によるお薬処方など、極力手間と無駄を省いたAGAクリニックです。

私は必須のプロペシアに加えて頭皮にミノキシジル(ロゲイン5%)を使用しておりましたが、特有の副作用に悩まされ効果も薄かったので、こちらのチャップアップ(CHAPUP)に変えてから副作用が全くなく快適に毎日使用しています!詳しくはこちら ⇒ 「私がミノキシジル(リアップやロゲイン)からチャップアップに変えた理由。

< ページの一番上へ >
< トップページへ >