トップページ > AGA治療専門用語集 > 男性ホルモン

男性ホルモン - AGA治療体験記関連情報

AGA治療専門用語集

男性ホルモン

男性ホルモン

 男性ホルモンは別名:テストステロンとも呼ばれます。詳しく分類すると、男性ホルモンには数種類ありますが、テストステロンが最も分泌量が多く作用も強いので、男性ホルモン=テストステロンと思って間違いありません。

男性ホルモンというのは、男性にも女性にも存在するホルモンですが、男性の方が圧倒的に量が多く、身体への影響も強くでます。つまり、男性がハゲやすい理由です。

男性ホルモンの主な働きはというと、身体を強くたくましくする・体毛を生やす・皮脂を分泌する・性欲を高めるなどの働きがあります。

この中でも、男性ホルモンには体毛を生やすという働きがあります。そのため、男性ホルモンは血液中を流れて毛根内に入り、髪の毛を造る細胞に作用します。

しかし、毛根内には5α-リダクターゼという酵素があり、この酵素が男性ホルモンを脱毛ホルモン(DHT)に変換します。

すると、本来毛を生やす男性ホルモンが、毛を抑制する脱毛ホルモンに変換されてしまい、AGAが進行していきます。

実際のAGAの治療では、5α-リダクターゼを阻害するお薬を服用することで、男性ホルモンが脱毛ホルモンに変換されることを防ぎ、AGAの進行を阻止します。

AGAの必須アイテム!

現在、日本全国にはたくさんのAGAクリニックがありますが、最近ではより利用者目線に立ちオンライン診察も可能なクリニックがでてきました。【AGAヘアクリニック】は診察料はずっと0円、テレビ電話によるオンライン診察、利用者の希望によるお薬処方など、極力手間と無駄を省いたAGAクリニックです。

私は必須のプロペシアに加えて頭皮にミノキシジル(ロゲイン5%)を使用しておりましたが、特有の副作用に悩まされ効果も薄かったので、こちらのチャップアップ(CHAPUP)に変えてから副作用が全くなく快適に毎日使用しています!詳しくはこちら ⇒ 「私がミノキシジル(リアップやロゲイン)からチャップアップに変えた理由。

< ページの一番上へ >
< トップページへ >