トップページ > AGA治療専門用語集 > DHT(ジヒドロテストステロン)脱毛ホルモン

DHT(ジヒドロテストステロン)脱毛ホルモン - AGA治療体験記関連情報

AGA治療専門用語集

DHT(ジヒドロテストステロン)脱毛ホルモン

DHT(ジヒドロテストステロン)

 DHT(ジヒドロテストステロン)は、別名:脱毛ホルモンとも呼ばれています。

AGAで脱毛するメカニズムというのは下記のような流れです。

血液中を流れるテストステロン(男性ホルモン)が、髪の根元にある毛乳頭に到着する5α-リダクターゼという酵素によってDHT(脱毛ホルモン)に変換される男性ホルモンレセプターと結びついて、脱毛を促進する

以上がAGAで脱毛するメカニズムです。つまり、テストステロンがDHTに変換されることで脱毛する、ということなのです。

実際のAGA治療では、テストステロンをDHTに変換する5α-リダクターゼという酵素を阻害し、DHTに変換されないようにして、脱毛を阻止します。

ちなみにもっと詳しく説明しますと、DHTに変換されただけでは脱毛せず、DHTが男性ホルモンレセプターと結びつくことで脱毛しますので、男性ホルモンレセプターが少ない後頭部などは、AGAが進んでも禿ることはありません。

逆に、前頭部や頭頂部は男性ホルモンレセプターが豊富に存在するので、禿やすいということになります。

AGAの必須アイテム!

現在、日本全国にはたくさんのAGAクリニックがありますが、最近ではより利用者目線に立ちオンライン診察も可能なクリニックがでてきました。【AGAヘアクリニック】は診察料はずっと0円、テレビ電話によるオンライン診察、利用者の希望によるお薬処方など、極力手間と無駄を省いたAGAクリニックです。

私は必須のプロペシアに加えて頭皮にミノキシジル(ロゲイン5%)を使用しておりましたが、特有の副作用に悩まされ効果も薄かったので、こちらのチャップアップ(CHAPUP)に変えてから副作用が全くなく快適に毎日使用しています!詳しくはこちら ⇒ 「私がミノキシジル(リアップやロゲイン)からチャップアップに変えた理由。

< ページの一番上へ >
< トップページへ >