トップページ > AGA治療専門用語集 > テストステロン(男性ホルモン)

テストステロン(男性ホルモン) - AGA治療体験記関連情報

AGA治療専門用語集

テストステロン(男性ホルモン)

 テストステロンという言葉は聞き慣れないですが、要は、男性ホルモンのことです。

男性ホルモンと聞くと、ほとんどの方が聞いたことがあり、だいたいどのような働きをするのかイメージできると思います。

男性ホルモンの働きは、その名の通り身体を筋肉質に男性的にしたり、骨格(肩幅)などをがっしりとしたものにします。

男性ホルモンは男性の場合、睾丸から95%、副腎から5%分泌されます。女性も男性ホルモンが分泌されており、卵巣や副腎から分泌されますが、分泌量は男性の5~10%程度と少量です。

さて、AGAのことを解説する際には、この男性ホルモンはテストステロンという呼び名で用いられることが一般的です。それは、AGAのメカニズムと密接に関わっているためです!下のイラストをご覧ください(^^)

テストステロン(男性ホルモン)

実はAGAの原因は、このテストステロンが大きく関係しています。

まず、血液中を流れるテストステロンが毛乳頭内に入ると、5α-リダクターゼという酵素によって、ジヒドロテストステロン(DHT)という脱毛ホルモンに変換されます。

ジヒドロテストステロン(DHT)は男性ホルモンレセプターと結合することにより、髪を造る毛乳頭細胞に「髪の毛を弱くしろ~!脱毛しろ~!」と働きかけます。

これが、AGAで脱毛するメカニズムです。男性ホルモンがとても深く関係しています。

男性はAGAになりやすく、女性はAGAになりにくいのは、女性は体内の男性ホルモンの量が男性よりもかなり少ないので、AGAになりにくいわけです。

よく"毛深い人はハゲる"とか、"ヒゲが濃い人はハゲる"など聞くことがありますが、これは男性ホルモンが強いからハゲるというようなイメージからきているようです。

AGAの必須アイテム!

現在、日本全国にはたくさんのAGAクリニックがありますが、最近ではより利用者目線に立ちオンライン診察も可能なクリニックがでてきました。【AGAヘアクリニック】は診察料はずっと0円、テレビ電話によるオンライン診察、利用者の希望によるお薬処方など、極力手間と無駄を省いたAGAクリニックです。

私は必須のプロペシアに加えて頭皮にミノキシジル(ロゲイン5%)を使用しておりましたが、特有の副作用に悩まされ効果も薄かったので、こちらのチャップアップ(CHAPUP)に変えてから副作用が全くなく快適に毎日使用しています!詳しくはこちら ⇒ 「私がミノキシジル(リアップやロゲイン)からチャップアップに変えた理由。

< ページの一番上へ >
< トップページへ >