トップページ > AGA治療専門用語集 > ミノキシジル

ミノキシジル - AGA治療薬

AGA治療専門用語集

ミノキシジル

 AGA治療薬の第一治療薬として有名なのが、プロペシアですが、プロペシアだけで効果が見られない場合や、もっと効果を得たい場合に併用されるのが、ミノキシジルです!

ミノキシジルというのは、元々、高血圧の治療薬として実際に医療現場で使用されており、ミノキシジルを服用することにより、血管を拡張させ、血液の流れをよくし、血圧を下げるという効果があります。

しかしミノキシジルを服用している患者の中に、発毛したという副作用が多くみられたため、AGA治療薬として研究されるようになりました。

その結果、日本の厚生労働省にあたるアメリカのFDAが、ミノキシジルをAGA治療薬として認可し、1960年代にアップジョン社(現在のファイザー)が、ロゲインを販売し始めました。

日本では、大正製薬が1999年にミノキシジルが1%含まれた「リアップ」を販売し始めました。アメリカでは1960年代にすでに販売されていましたから、日本では認可がものすごく遅れたのです。

遅れたのには理由があり、通常、医薬品というのは、病院で医師が処方する医療用医薬品として認可を受けてから、一般の薬局で販売される一般医薬品として認可を受けるのがセオリーなのですが、大正製薬は、医療用医薬品ではなく、いきなり一般医薬品として申請していたので、ものすごく認可が遅れたのです。

結局、申請から認可まで10年以上かかってしまったのです。そのため、アメリカでは1960年代から市販されていましたから、日本はアメリカより40年ほどミノキシジル系治療薬の販売が遅れたといえるでしょう。

ミノキシジルは高濃度であるほど発毛効果が高いことがわかっていますので、その後、2005年には、女性用の「リアップレディ」が販売され、2009年には、ミノキシジルを5%配合した「リアップX5」が販売されました。

ミノキシジルの発毛効果

 ミノキシジル5%は、2009年に一般医薬品として厚生労働省から認可を受けていますが、大正製薬の臨床試験において、下記のような発毛効果が確認されています。

ミノキシジル5% / 24週間(半年間)使用
著名改善 中等度改善 軽度改善 不変
4.3% 50.7% 38.6% 6.4%

※ 大正製薬(ミノキシジル5%)の発毛効果データを引用

上記データは、日本で現在市販されている、リアップX5の発毛効果を表にしたものです。オオサカ堂で購入できるものと同じ、ミノキシジル5%含有されています。

ミノキシジル5%24週間(半年間)使用した結果ですが...

著明改善(薄くなった頭皮がほぼ完全に被われる)・・・4.3%
中等度改善(薄くなった頭皮から発毛が始まる)・・・50.7%
軽度改善(軽微な毛髪成長)・・・38.6%

という結果になっています。

なんと、"93.6%"もの患者に発毛効果がみられた!ということがわかります。これは薬としては驚異的な数字です!

日本皮膚科学会がAGAの治療法として、ミノキシジルを最高のAランクに推奨する理由がわかりますね~(^^)

AGAの必須アイテム!

現在、日本全国にはたくさんのAGAクリニックがありますが、最近ではより利用者目線に立ちオンライン診察も可能なクリニックがでてきました。【AGAヘアクリニック】は診察料はずっと0円、テレビ電話によるオンライン診察、利用者の希望によるお薬処方など、極力手間と無駄を省いたAGAクリニックです。

私は必須のプロペシアに加えて頭皮にミノキシジル(ロゲイン5%)を使用しておりましたが、特有の副作用に悩まされ効果も薄かったので、こちらのチャップアップ(CHAPUP)に変えてから副作用が全くなく快適に毎日使用しています!詳しくはこちら ⇒ 「私がミノキシジル(リアップやロゲイン)からチャップアップに変えた理由。

< ページの一番上へ >
< トップページへ >