トップページ > AGA治療専門用語集 > プロペシア(フィナステリド)

プロペシア(フィナステリド) - AGA治療薬

AGA治療専門用語集

プロペシア(フィナステリド)

 一昔前は、薄毛やハゲというのは、加齢に伴う老化現象として仕方のないものとしてあきらめられていましたが、2005年に登場した男性型脱毛症治療薬:プロペシアにより、状況は大きく変わりました。

AGAによる薄毛やハゲというのは、5α-リダクターゼという酵素によって、男性ホルモン(テストステロン)が脱毛ホルモン(DHT)に変換されることにより、薄毛が進行します。

プロペシアにはフィナステリドという成分がふくまれていますが、このフィナステリドは、5α-リダクターゼの働きを阻害する効果があります。

つまり、プロペシアを服用することで、フィナステリドが5α-リダクターゼを阻害するので、男性ホルモンが脱毛ホルモンに変換されることを防ぎ、薄毛の進行を食い止める効果があるのです。これが今のAGA治療の基本です。

ちなみに、フィナステリドは日本皮膚科学会が、ミノキシジルと並ぶ薄毛治療の最高Aランクと評価しています。

AGAの必須アイテム!

現在、日本全国にはたくさんのAGAクリニックがありますが、最近ではより利用者目線に立ちオンライン診察も可能なクリニックがでてきました。【AGAヘアクリニック】は診察料はずっと0円、テレビ電話によるオンライン診察、利用者の希望によるお薬処方など、極力手間と無駄を省いたAGAクリニックです。

私は必須のプロペシアに加えて頭皮にミノキシジル(ロゲイン5%)を使用しておりましたが、特有の副作用に悩まされ効果も薄かったので、こちらのチャップアップ(CHAPUP)に変えてから副作用が全くなく快適に毎日使用しています!詳しくはこちら ⇒ 「私がミノキシジル(リアップやロゲイン)からチャップアップに変えた理由。

< ページの一番上へ >
< トップページへ >