トップページ > AGA治療関係のコラム > 現実頭皮 スカループで自分で頭髪チェック!

現実頭皮 スカループで自分で頭髪チェック! - AGA治療体験記

AGA治療関係のコラム

現実頭皮 スカループで自分で頭髪チェック!

 AGAクリニックにいくと、1番最初にAGAなのかどうなのか診断するために、医師により髪の毛のチェックが行われます。

一般の皮膚科では、医師が指で髪の毛をかき分けてチェックするだけのところもあるみたいですが、AGA専門クリニックでは、頭皮を拡大することができる専用のカメラで、髪の毛がどうなっているか観察してくれます。

私の通っている 湘南美容外科クリニックでも初診の無料カウンセリングの際に、髪の毛を拡大してパソコンのモニターで見せてくれました。

AGAクリニックに通って診察の際に自分の髪の毛をチェックしてもいいのですが、どうも私は自分でやりたい症らしく、ネットで調べてみるといいものがあったので購入しました!

その名も 頭皮拡大USBカメラ「スカループ」 です!

 

現実頭皮 スカループ」という物々しいキャッチコピーがかかれています...。わかっとるわい!!(笑)

 

中身はこんな感じ。この丸くてかわいいUFOっぽいのがカメラになっています。

 

指の間で握るように持ち、USBケーブルにつないでパソコンに髪の毛の状態を映し出します。使用中は、右写真のように照明で照らされます。

 

同梱されていた「SPECフォトダイアリー」というソフトをインストールして使用します。残念ながら現時点(2013年10月21日)では、まだWin8には対応していないらしく、Win7までしか使用できません。手持ちのWin8のパソコンでやってみましたが、やっぱり使えませんでした(^^;)

実際の使い方はこんな感じです。

カメラで撮影された映像が、タイムリーに「SPECフォトダイアリー」の画面に映し出されます。手頃な値段の割には、思ったよりきれいな画像が撮影できます。

もちろん撮影した画像を保存することも可能です。下の写真は私の薄くなってきている頭頂部付近の拡大画像です。

 

どうですか!?見てください!

1つの毛穴から2~3本の髪の毛が生えていますが、その中で細くてヒョロヒョロのもやしっ子が何本か見受けられます。これは弱毛化している髪の毛です。

普通の人は弱毛化している髪の毛を探すのは大変なのですが、私の場合すんなりと見つけることができてしまいます(;_;)

 

ちなみにこちらは私の側頭部と後頭部の髪の毛の拡大画像です。

側頭部と後頭部はDHT(脱毛ホルモン)の影響をほとんど受けないので、ご覧の写真のように、黒々とした太い髪の毛がずっしりと毛穴から生えているのがわかります。

AGAではない人は、頭頂部もこんな感じに黒々しているのです。私のは髪の毛自体も細いですし、弱毛化した髪の毛もチラホラみられますので、早期に治療が必要と判断できます(^^;)

頭皮拡大USBカメラ「スカループ」

AGAの必須アイテム!

現在、日本全国にはたくさんのAGAクリニックがありますが、最近ではより利用者目線に立ちオンライン診察も可能なクリニックがでてきました。【AGAヘアクリニック】は診察料はずっと0円、テレビ電話によるオンライン診察、利用者の希望によるお薬処方など、極力手間と無駄を省いたAGAクリニックです。

私は必須のプロペシアに加えて頭皮にミノキシジル(ロゲイン5%)を使用しておりましたが、特有の副作用に悩まされ効果も薄かったので、こちらのチャップアップ(CHAPUP)に変えてから副作用が全くなく快適に毎日使用しています!詳しくはこちら ⇒ 「私がミノキシジル(リアップやロゲイン)からチャップアップに変えた理由。

同カテゴリ「AGA治療関係のコラム」内の他ページ

< ページの一番上へ >
< トップページへ >