トップページ > AGA治療関係のコラム > AGA遺伝子検査はした方がよいのか?

AGA遺伝子検査はした方がよいのか? - AGA治療体験記

AGA治療関係のコラム

AGA遺伝子検査はした方がよいのか?

AGA遺伝子検査

 私が受けた遺伝子検査の詳細はこちら(AGA遺伝子検査(AR遺伝子検査)体験レポ)で解説しておりますが、私も遺伝子検査を受けました。

AGAの遺伝子検査では以下のようなことがわかります。

  • AGAの発症リスク
  • フィナステリドの感受性

 まずAGAの発症リスクですが、遺伝子検査を行わない場合だと、母方の家系の男性に薄毛の人はいるか?髪の状態はどうか?など、問診や視診によりAGAであるか判定します。しかしこれはあくまでも推測でしかありません。

対してAGA検査では、遺伝子そのものを調べることで、その人がAGAを発症しやすい人かどうかがわかるので、AGAであるかないかほぼ確定することが可能になります。

 次にフィナステリドの感受性についてですが、これはAGAの第一治療薬プロペシアの主成分となっている、フィナステリドが効きやすいかどうかのことをいいます。

遺伝子そのものを調べることで、フィナステリドの効果がでやすい体質なのかそうでないのかがわかりますので、プロペシアを服用することによる効果を予測することができます。

以上が遺伝子検査の解説になりますが、私が遺伝子検査を受けたことにより得られたことは以下です。

・AGAの発症リスクが高めであることがわかった
・フィナステリドは効きやすい体質であることがわかった

これらが科学的に調べられたことで、プロペシアを毎日飲み続けても効果は見込めるということがわかりましたので、私は精神的に非常に安心できました(^^)

ですので、私はAGA遺伝子検査は受けた方がよい!と思います。でも、もちろん受けないという選択肢もありますよ。本人が安心したいかどうかの問題だと思います。

ちなみに、私は私の通っている 湘南美容外科クリニックで遺伝子検査を受けましたが、外部の検査機関に郵送して検査し、結果を私に報告するだけで18,000円かかりました。

しかしこちらの【AGAドック】男性型脱毛症・遺伝子検査キット であれば12,000円程度で済みますから、もし受けたい方はこちらでも十分だと思います。

AGAの必須アイテム!

現在、日本全国にはたくさんのAGAクリニックがありますが、最近ではより利用者目線に立ちオンライン診察も可能なクリニックがでてきました。【AGAヘアクリニック】は診察料はずっと0円、テレビ電話によるオンライン診察、利用者の希望によるお薬処方など、極力手間と無駄を省いたAGAクリニックです。

私は必須のプロペシアに加えて頭皮にミノキシジル(ロゲイン5%)を使用しておりましたが、特有の副作用に悩まされ効果も薄かったので、こちらのチャップアップ(CHAPUP)に変えてから副作用が全くなく快適に毎日使用しています!詳しくはこちら ⇒ 「私がミノキシジル(リアップやロゲイン)からチャップアップに変えた理由。

同カテゴリ「AGA治療関係のコラム」内の他ページ

< ページの一番上へ >
< トップページへ >