トップページ > 髪の毛にまつわる嘘?ホント? > ハゲは遺伝する

ハゲは遺伝する - AGA治療体験記

髪の毛にまつわる嘘?ホント?

ハゲは遺伝する

ハゲは遺伝する

 ハゲ遺伝する”というのは、ほとんどの方が聞いたことがあると思います。実際、父やおじいちゃんがハゲている場合、子供もハゲていることが多いように思います。私もそうです(^^;)母方のおじ・祖父みんなハゲてます(--;)

では、ハゲはどのように遺伝するのか、下のイラストを見てみましょう!

ハゲの遺伝

 人の遺伝子には、X染色体Y染色体があります。男性はXY、女性はXXと決まっています。

AGA(男性型脱毛症)の遺伝子はX染色体のAR遺伝子というところに存在することがわかっていますので、AGAを持ったX染色体が遺伝すれば、ハゲる可能性が高いといえます。

ちなみに上のイラストでは、兄はAGAでハゲていますが、弟はAGAの遺伝子を持っていないのでハゲていません。

上のイラストの例でいうと、AGAを持ったX染色体は元々おじいちゃんが持っていました。これが母に遺伝し、兄に遺伝したのです。

ここで注目していただきたいのが、男性になるためにはXYという遺伝子が必要ですから、兄と弟は父からは必ずY染色体をもらう必要があります。

そのため、仮に父のX染色体にAGAが存在していたとしても、兄と弟には遺伝しません。遺伝するのは母のX染色体のみです。

AGAクリニックに行くと問診の際、「母方の男性に薄毛の人はいますか?」と聞かれます。これは、AGAの遺伝子は母方から遺伝するためです。

ですので、自分の父親がハゲていなくても、母方の祖父がハゲていれば、十分にハゲる可能性はあるのです!よく隔世遺伝なんていいますが、AGAは隔世遺伝しやすいといえますね。

ちなみに、私の母方の血縁は、みんなひとり残らずツルツルです(^^;)もう笑うしかありませんね(;_;)....ぼくは運命にあらがいます!!

一応補足しておきますが、AGAをもったX染色体が遺伝していたとしても、遺伝的要因は約70%程度といわれていますので、100%ハゲると決まっているわけではありません。

AGAの必須アイテム!

現在、日本全国にはたくさんのAGAクリニックがありますが、最近ではより利用者目線に立ちオンライン診察も可能なクリニックがでてきました。【AGAヘアクリニック】は診察料はずっと0円、テレビ電話によるオンライン診察、利用者の希望によるお薬処方など、極力手間と無駄を省いたAGAクリニックです。

私は必須のプロペシアに加えて頭皮にミノキシジル(ロゲイン5%)を使用しておりましたが、特有の副作用に悩まされ効果も薄かったので、こちらのチャップアップ(CHAPUP)に変えてから副作用が全くなく快適に毎日使用しています!詳しくはこちら ⇒ 「私がミノキシジル(リアップやロゲイン)からチャップアップに変えた理由。

< ページの一番上へ >
< トップページへ >