トップページ > AGA治療関係のコラム > AGAは母方の家系の遺伝子の影響を受ける

AGAは母方の家系の遺伝子の影響を受ける - AGA治療体験記

AGA治療関係のコラム

AGAは母方の家系の遺伝子の影響を受ける

 「ハゲ遺伝だから仕方ない。」という話を聞いたことがあると思います。

私も母方の祖父も母の兄も全員ハゲですから、私も当然ハゲるものと思っていました。現にハゲてきていますが(;_;)

ハゲというのは、科学的に遺伝性は認められています。遺伝性はあるということです。

では、ハゲが遺伝するしくみをわかりやすく解説したいと思います(^^)

AGA遺伝のしくみ

まず基礎知識として、人の遺伝子というのは、「X」と「Y」が組み合わさって性別が決まります。XYを持っていれば男性XXを持っていれば女性となります。

このX、Yというのは、「X染色体」、「Y染色体」という言い方をします。AGAを決める遺伝子は、この内X染色体の中のAR遺伝子に存在します。

ここではわかりやすいように、イラストのように「AGA-X」と呼びます。ちなみにY染色体にはAR遺伝子がありませんので、AGAとは関係ありません。

では、イラストを見ながら説明していきますが、兄と弟の内、兄だけがAGAです。AGA-Xを持っています。そのためAGAによるハゲに悩まされています。

しかし弟はAGA-Xを持っておらず普通のX染色体ですので、AGAにはなりません。当然フサフサです。

ではなぜ兄弟でこのような差がでてくるのかというと、兄は母方の祖父由来のAGA-Xを持っており、弟は母方の祖母由来のX染色体を持っているからです。

まず子は親から、父から1つ、母から1つ染色体をもらいます。母は祖父と祖母からXを1つずつもらいましたので、XXとなり女性になりました。祖父からAGA-Xをもらっています。

父と母の間に兄と弟が生まれましたが、兄弟は2人とも男性ですから、父からはY染色体をもらうしかありません。反対に母からはX染色体をもらうしかありません。

すると、母の持っているAGA-Xは兄へ遺伝、普通のX染色体は弟に遺伝したので、兄はAGA(ハゲる)、弟はAGAではない(ハゲない)ということになるのです。

ちなみに、上のイラストでは父のX染色体はAGA-Xではありませんが、仮にAGA-Xであったとしても、兄と弟に影響はありません。なぜなら、兄弟は男性であるため、父からはY染色体をもらうしかないからです。

AGAの遺伝のしくみがご理解いただけましたでしょうか?

以上のように、AGAかどうかは母方の遺伝で決まります。そのため病院では必ず「母方の家系に薄毛の人はいますか?」と聞かれるのです。

ちなみに、遺伝による影響は70~80%といわれていますので、例えAGA-Xを持っていたとしても、必ずAGAになるというわけではないことをお知りおきください。

AGAの必須アイテム!

現在、日本全国にはたくさんのAGAクリニックがありますが、最近ではより利用者目線に立ちオンライン診察も可能なクリニックがでてきました。【AGAヘアクリニック】は診察料はずっと0円、テレビ電話によるオンライン診察、利用者の希望によるお薬処方など、極力手間と無駄を省いたAGAクリニックです。

私は必須のプロペシアに加えて頭皮にミノキシジル(ロゲイン5%)を使用しておりましたが、特有の副作用に悩まされ効果も薄かったので、こちらのチャップアップ(CHAPUP)に変えてから副作用が全くなく快適に毎日使用しています!詳しくはこちら ⇒ 「私がミノキシジル(リアップやロゲイン)からチャップアップに変えた理由。

同カテゴリ「AGA治療関係のコラム」内の他ページ

< ページの一番上へ >
< トップページへ >