トップページ > プロペシア情報局 > プロペシア・フィンペシア・エフペシア比較!

プロペシア・フィンペシア・エフペシア比較! - AGA治療薬

プロペシア(フィナステリド)の効果・副作用などの情報

プロペシア・フィンペシア・エフペシア比較!

 AGAの第一治療薬としてまず処方されるのがプロペシアです。

日本国内でAGAクリニックや皮膚科に行くと処方されるのが、MSD社のプロペシアです。

MSD社はもともと万有製薬という日本の製薬会社でしたが、世界的な製薬会社であるアメリカのメルク社に買収され、現在はMSD社となっています。日本で処方されるプロペシアは、100%このMSD社の商品となっています。

しかし医師から処方されるプロペシアでネックとなってくるのが価格で、安いところでも7000円程度します。交通費や診察代なども含めると1カ月当たり10,000円程度と、けっこうな出費になります。

そのため、プロペシアと同じフィナステリド1mgが含まれたAGA治療薬を、オオサカ堂で購入する人が増えています。

オオサカ堂で購入できるフィナステリド1mgは、プロペシアフィンペシアエフぺシアがランキング上位を占めていますので、この3つの商品について比較してみたいと思います(^^)

商品名 プロペシア フィンペシア エフぺシア
販売国 アメリカ インド インド
製薬会社 メルク社 シプラ社 シプラ社
有効成分 フィナステリド1mg含有 フィナステリド1mg含有 フィナステリド1mg含有
先発 / 後発 先発医薬品 プロペシアのジェネリック医薬品 プロペシアのジェネリック医薬品
キノリンイエロー 不使用 使用 不使用
価格相場(1か月あたり) 5,000~6,000円 800~900円 800~900円
錠単価 170~190円 20~25円 22~26円

 1番人気はアメリカのメルク社が販売しているプロペシアです!

アメリカ製のプロペシアは、実は日本でプロペシアが販売される前にすでに販売を開始しており、いわば日本製プロペシアの元祖となっているプロペシアです。

サプリメント大国と言われるアメリカ製ですから、信頼性・安全性もピカ一です。価格の方も1ヶ月あたり5,000~6,000円で購入できますので、日本で医師から処方されるよりも安く購入することができます。

続いて人気があるのが、フィンペシアとエフペシアです。

こちらはインド国内で第2位の製薬会社である「シプラ社」が製造・販売しています。

インドというと不安に思う方もいらっしゃると思いますが、インドのシプラ社は、欧米含む170カ国以上に製品を輸出していますので、世界的にみても信頼性の高い製薬会社です。

フィンペシアとエフぺシアのメリットは、なんといっても安い!ということです。

アメリカ製のプロペシアは、日本で医師から処方されるプロペシアよりも少し安い程度ですが、フィンペシアやエフぺシアであれば、1ヶ月あたり800~900円と、日本のプロペシアの1/8程度の価格で購入できるのです!

安いのには理由があり、フィンペシアとエフぺシアは、アメリカのプロペシアのジェネリック医薬品となっています。

ジェネリック医薬品とは後発医薬品のことで、本家(先発医薬品)のアメリカ製プロペシアの薬の特許が切れた後に、成分や製法を真似てつくった薬のことです。

そのため、開発費用や研究費用がほとんどかからないので、本家の薬よりもかなり安い価格で市場に提供できるのです。日本でも現在ジェネリック医薬品が注目されていますね(^^)

ジェネリック医薬品といえど、成分はフィナステリド1mgで本家のプロペシアと全く同じですし、安全性や信頼性も全く変わりません。

ただ1点気になるのが、フィンペシアはコーティング剤に「キノリンイエロー」を使用しているということです。

このキノリンイエローには発がん性があるのではないかと噂されており、購入を控える方も多いようです。私もその一人です(^^;)

ただ、科学的に発がん性が確認されたわけではありませんので、あくまでも都市伝説的な噂の域をでませんが、ご心配な方は安さならエフぺシアもありますので、あえて選ぶこともないと思います。

AGAの必須アイテム!

現在、日本全国にはたくさんのAGAクリニックがありますが、最近ではより利用者目線に立ちオンライン診察も可能なクリニックがでてきました。【AGAヘアクリニック】は診察料はずっと0円、テレビ電話によるオンライン診察、利用者の希望によるお薬処方など、極力手間と無駄を省いたAGAクリニックです。

私は必須のプロペシアに加えて頭皮にミノキシジル(ロゲイン5%)を使用しておりましたが、特有の副作用に悩まされ効果も薄かったので、こちらのチャップアップ(CHAPUP)に変えてから副作用が全くなく快適に毎日使用しています!詳しくはこちら ⇒ 「私がミノキシジル(リアップやロゲイン)からチャップアップに変えた理由。

同カテゴリ「プロペシア情報局」内の他ページ

< ページの一番上へ >
< トップページへ >