トップページ > プロペシア情報局 > プロペシアだけか、ミノキシジルと併用か、育毛カクテルか?

プロペシアだけか、ミノキシジルと併用か、育毛カクテルか?

プロペシア(フィナステリド)の効果・副作用などの情報

プロペシア・ミノキシジル・育毛カクテル

プロペシア(フィナステリド) AGAの第一治療薬としてまず処方されるのがプロペシアです。

しかし、AGAの治療薬は他にも選択肢があり、代表的なものがミノキシジル育毛カクテルです。

まずお薬に関する簡単な知識からご説明いたしますm(_ _)m

プロペシア・・・

AGAによる脱毛の原因となる5α-リダクターゼと呼ばれる酵素を阻害し、脱毛を抑制します。

ミノキシジル・・・

外用薬内用薬があり、外用薬では、頭皮に直接塗布することで、頭皮の血行を促進するとともに、髪の毛を生やす毛母細胞内の髪の毛の成長を促す因子に働きかけ、発毛成長因子の分泌を促し発毛を促進します。

内用薬も外用薬と同じ効果が得られますが、効果が高くなる傾向があります。

育毛カクテル・・・

ミノキシジルやフィナステリドの他に、発毛成長因子・髪に必要な栄養成分(アミノ酸・システイン・各種ビタミンなど)が含まれた育毛カクテルを、頭皮に直接注射器で注入する方法です。

ミノキシジルが発毛成長因子の分泌を促すのに対し、この育毛カクテルは発毛成長因子を直接頭皮に注入します。

ほとんど発毛成長因子が分泌されなくなった頭皮にも、再び発毛を期待することができます。

費用は数万円~数十万円かかりますが、今のところ育毛カクテルが自毛を発毛させる最強の方法です。

以上が、プロペシア・ミノキシジル・育毛カクテルの違いです。

一般的にはAGAの進行度が、

軽度=プロペシアのみ >>> 標準=プロペシア+ミノキシジル外用薬又は、プロペシア+ミノキシジル内用薬 >>> 重度=育毛カクテル

以上のようになります。

AGAの進行度が軽度であればプロペシアのみでも効果が得られますが、進行すればするほど、プロペシア以外に他の薬を併用したり、重度になると育毛カクテルしか選択肢がなくなってきます。

育毛カクテルでも効果がみられないとなると、最後は植毛手術しか手はなくなってきますが、トータルにかかる治療費用を考えると、植毛の方が結果的にコストは安くなるケースも多くあります。

AGAの治療費用は保険適用外のため高額になりますので、やはりできるだけ早期に専門の治療を開始することが大切です!

AGAの必須アイテム!

現在、日本全国にはたくさんのAGAクリニックがありますが、最近ではより利用者目線に立ちオンライン診察も可能なクリニックがでてきました。【AGAヘアクリニック】は診察料はずっと0円、テレビ電話によるオンライン診察、利用者の希望によるお薬処方など、極力手間と無駄を省いたAGAクリニックです。

私は必須のプロペシアに加えて頭皮にミノキシジル(ロゲイン5%)を使用しておりましたが、特有の副作用に悩まされ効果も薄かったので、こちらのチャップアップ(CHAPUP)に変えてから副作用が全くなく快適に毎日使用しています!詳しくはこちら ⇒ 「私がミノキシジル(リアップやロゲイン)からチャップアップに変えた理由。

同カテゴリ「プロペシア情報局」内の他ページ

< ページの一番上へ >
< トップページへ >