トップページ > 髪の毛にまつわる嘘?ホント? > AGA(男性型脱毛症)の人は近年増えている?

AGA(男性型脱毛症)の人は近年増えている? - AGA治療関連情報

髪の毛にまつわる嘘?ホント?

AGA(男性型脱毛症)の人は近年増えている?

AGA(男性型脱毛症)の人は近年増えている?

AGA(男性型脱毛症)の年齢別発症率

 AGA(男性型脱毛症)の人は近年増えている?という話も、最近テレビやCMなんかで頻繁に言われています。この話は半分本当で半分ウソなので、どちらとも言い切れません。

なぜなら、AGAという病気自体ここ20年ほどの間に知れ渡ってきたので、詳しい統計データがないからです。

最新の統計データでは、上のグラフのように2002年にAGAの統計データが集計されています。全体平均でいうと、AGAの人は全体の約30%です。

2013年現在ではこのデータがとられてから10年ほど経っていますが、この割合はほとんど変わっていないといわれています。

ただし、上のグラフをみてもわかるように、AGAは年齢が進むほどに発症率が上がりますので、高齢化が進んでいる今、AGA患者の絶対数は増えてきていることはたしかで、高齢化により割合は増加していることはたしかです。

ですので、近年AGAの人が増えているというよりは、近年の高齢化社会により、AGAの人が増えているという表現が正しいと思います。

AGAの必須アイテム!

現在、日本全国にはたくさんのAGAクリニックがありますが、最近ではより利用者目線に立ちオンライン診察も可能なクリニックがでてきました。【AGAヘアクリニック】は診察料はずっと0円、テレビ電話によるオンライン診察、利用者の希望によるお薬処方など、極力手間と無駄を省いたAGAクリニックです。

私は必須のプロペシアに加えて頭皮にミノキシジル(ロゲイン5%)を使用しておりましたが、特有の副作用に悩まされ効果も薄かったので、こちらのチャップアップ(CHAPUP)に変えてから副作用が全くなく快適に毎日使用しています!詳しくはこちら ⇒ 「私がミノキシジル(リアップやロゲイン)からチャップアップに変えた理由。

< ページの一番上へ >
< トップページへ >