トップページ > 髪の毛にまつわる嘘?ホント? > 直射日光(紫外線)を浴びるとハゲる

直射日光(紫外線)を浴びるとハゲる - AGA治療関連情報

髪の毛にまつわる嘘?ホント?

直射日光(紫外線)を浴びるとハゲる

直射日光(紫外線)を浴びるとハゲる

 直射日光により紫外線をたくさん浴びるとハゲるということは、特にレジャーやスポーツをする若者の間でよく言われています。しかしこれは全くのです!

髪の毛の色の元となっているメラニンという色素は、紫外線に非常に強い性質を持っており、少々日光を浴びようが平気です。真夏の太陽の下、毎日8時間海岸にいたとしても、ハゲることはありません。

ハゲるというのは髪が生えなくなるということですが、AGAによるハゲの原因は、男性ホルモンが関係していますので、頭皮の内側の問題です。

直射日光により髪の毛はダメージを受けますが、髪の毛を生やす細胞は頭皮の内側に存在しますので、髪の毛がいくらダメージを受けようが、髪の毛を生やす細胞にはなんのダメージもありません。

そのため、いくら直射日光で紫外線を浴びたとしても、髪を生やす能力には何の影響もありませんので、ハゲることもありません。

AGAの必須アイテム!

現在、日本全国にはたくさんのAGAクリニックがありますが、最近ではより利用者目線に立ちオンライン診察も可能なクリニックがでてきました。【AGAヘアクリニック】は診察料はずっと0円、テレビ電話によるオンライン診察、利用者の希望によるお薬処方など、極力手間と無駄を省いたAGAクリニックです。

私は必須のプロペシアに加えて頭皮にミノキシジル(ロゲイン5%)を使用しておりましたが、特有の副作用に悩まされ効果も薄かったので、こちらのチャップアップ(CHAPUP)に変えてから副作用が全くなく快適に毎日使用しています!詳しくはこちら ⇒ 「私がミノキシジル(リアップやロゲイン)からチャップアップに変えた理由。

< ページの一番上へ >
< トップページへ >