トップページ > 髪の毛にまつわる嘘?ホント? > ストレスで白髪になる

ストレスで白髪になる - AGA治療関連情報

髪の毛にまつわる嘘?ホント?

ストレスで白髪になる

ストレスで白髪になる

 ストレスが多いと白髪になる、白髪が増えるという話を聞いたことがあるかもしれませんが、これは全くのです!

科学的に白髪になるメカニズムを検証してみると、髪の毛の色というのは、髪の毛に含まれるメラニンという色素の色です。

メラニンは、毛包部に存在するメラノサイト幹細胞から分泌されています。メラニンの量が多いほど黒々とした髪の色になります。

しかし老化によりメラノサイト幹細胞の力が弱くなってくると、分泌されるメラニンの量が減少し、黒々とした色が薄くなっていき、最終的には真っ白の色素のない状態(=白髪)になってしまうのです。

これが、白髪ができるメカニズムです。

一方、ストレスがかかるとメラノサイトの機能が低下して白髪が増えるという説もありますが、科学的にはなんの根拠もありません。

白髪ができるメカニズムにストレスは一切関係していませんので、この話は嘘ということになります。

おそらく、白髪を気にする中高年の年代は、仕事や家庭でのストレスが大きくなる年代であり、老化によって白髪が増えてくる年代ですので、勘違いしやすいのでしょう。

AGAの必須アイテム!

現在、日本全国にはたくさんのAGAクリニックがありますが、最近ではより利用者目線に立ちオンライン診察も可能なクリニックがでてきました。【AGAヘアクリニック】は診察料はずっと0円、テレビ電話によるオンライン診察、利用者の希望によるお薬処方など、極力手間と無駄を省いたAGAクリニックです。

私は必須のプロペシアに加えて頭皮にミノキシジル(ロゲイン5%)を使用しておりましたが、特有の副作用に悩まされ効果も薄かったので、こちらのチャップアップ(CHAPUP)に変えてから副作用が全くなく快適に毎日使用しています!詳しくはこちら ⇒ 「私がミノキシジル(リアップやロゲイン)からチャップアップに変えた理由。

< ページの一番上へ >
< トップページへ >