トップページ > AGA治療関係のコラム > 脱毛の副作用がある薬一覧

脱毛の副作用がある薬一覧 - AGA治療薬

AGA治療関係のコラム

脱毛の副作用がある薬一覧

脱毛 AGAの治療薬は脱毛を改善する薬ですが、新しい髪の毛が生える前準備として、「初期脱毛」という副作用があります。

しかしこれは一時的な脱毛であり、2~3週間以内には自然とおさまります。

人がかかる病気はさまざまありますが、治療薬として用いる薬に、「脱毛」という副作用が起きる可能性がある薬が存在します。

髪の毛を生やす細胞は、細胞分裂が非常に活発であり、ホルモンの影響を受けやすい非常にデリケートな細胞であるため、薬の影響を受けやすいのです。

下記の表で、「脱毛」という副作用が確認されている代表的な薬を一覧にしてまとめていますm(_ _)m

分類 薬剤名
抗がん剤 イダルビシン・イホスファミド・エトポシド・エピルビシン・エノシタビン・塩酸イリノテカン・カルモフー・シクロホスファミド・シスプラチン・シタラビン・テガフール・テガフールウラシル・ダカルバジン・ドキシフルリジン・フルオロウラシル・ビンブラスチン・ピラルビシン・マイトマイシンC・塩酸ビンテジンなど
インターフェロン製剤 IFNα・IFNβ・IFNγなど
経口血糖血降下剤 アセトヘキサミド・グリベンクラミド・グリクラジド・グリメピリドボグリボースなど
抗うつ剤 塩酸イミプラミン・メチルフェニデートなど
抗ウイルス薬 アンブレナビル・エファビレンツインジナビル・ジダノシン・アシクロビル・ラミブジン・ロピナビルネビラピンなど
血圧降下剤 ドキサゾシン・ベタキイソロール・プロプラノロール・メトプロロール・塩酸プロルラノロール・アロチノロール・エナラプリル・イミダプリル・アムロジピン・マレイン酸エナラブリルなど
アレルギー疾患治療薬 テルフェナジンなど
角化症治療薬 エトレチナートなど
抗真菌剤 イトラコナゾールなど
抗結核剤 エチオナミド・エタンブトールなど
抗てんかん剤 カルバマゼピン・トリメタジオン・バルブロ酸ナトリウム・ゾニサミド・リチウムなど
非ステロイド系消炎鎮痛剤 アルミノプロフェン・アンフェナク・イブプロフェン・インドメタシン・インドメタシンファルネシル・ジクロファナクナトリウム・スリンダク・ナプロキセンなど
抗不整脈薬 塩酸アミオダロンなど
子宮内膜症治療薬 酢酸ブセレリン・ダナゾールなど
消化性潰瘍治療薬 オメプラゾール・シメチジン・ランソプラゾールなど
消化器官用薬 シメチジン・ラニチジン・ランソプラゾール・オメプラゾールなど
潰瘍性大腸炎治療剤・抗リウマチ剤 サラゾスルファピリジン・メサラジンなど
ホルモン剤 フルオキシメステロン・テストステロン・エナント酸テストステロン・プロピオン酸テストステロン・メチルテストステロン・ブセレリン・ナファレリン・ダナゾールなど
痛風治療剤 コルヒチン・アロプリノールなど
糖尿病性末梢神経障害 エパルレスタットなど
高脂血症治療薬 アトルバスタチン・フルバスタチン・プラバスタチン・ベザフィブラート・クリノフィブラート・フェノフィブラートなど
血液凝固阻止剤 ヘパリン・ワーファリンなど
パーキンソン病治療薬 ベンセラジド・レボドバ・レボドバカルビドバ・ペルゴリドなど
抗甲状腺剤 プロピルチオウラシル・チアマゾールなど
白血病治療薬 ブスルファン、メルカプトプリンなど
緑内障・眼圧治療剤 レボブノロール・チモロールなど
ビタミンA剤、誘導体 ビタミンA・酢酸レチノール・ミゾリビン・エトレチナート・トレチノインなど
副腎皮質ホルモン剤 デキサメタゾン・ヒドロコルチゾン・プレドニゾロン・ベタメタゾン・メチルプレドニゾロン
骨代謝改善剤 エチドロン酸ニナトリウムなど
勃起不全治療薬 シルデナフィルなど
免疫抑制剤 エトトレキサート・アザチオプリン・ミゾリビンなど
AGAの必須アイテム!

現在、日本全国にはたくさんのAGAクリニックがありますが、最近ではより利用者目線に立ちオンライン診察も可能なクリニックがでてきました。【AGAヘアクリニック】は診察料はずっと0円、テレビ電話によるオンライン診察、利用者の希望によるお薬処方など、極力手間と無駄を省いたAGAクリニックです。

私は必須のプロペシアに加えて頭皮にミノキシジル(ロゲイン5%)を使用しておりましたが、特有の副作用に悩まされ効果も薄かったので、こちらのチャップアップ(CHAPUP)に変えてから副作用が全くなく快適に毎日使用しています!詳しくはこちら ⇒ 「私がミノキシジル(リアップやロゲイン)からチャップアップに変えた理由。

同カテゴリ「AGA治療関係のコラム」内の他ページ

< ページの一番上へ >
< トップページへ >