トップページ > AGA治療専門用語集 > 牽引性脱毛症

牽引性脱毛症とAGA(男性型脱毛症) - AGA治療関連情報

AGA治療専門用語集

牽引性脱毛症

 牽引性脱毛症は、強い負荷を長期間に渡りかけ続けることで、負荷を受けていた部分の髪の毛が脱毛することをいいます。

女性の髪型でポニーテールという髪型がありますが、前の髪を後ろで1つくくりにする髪型です。

毎日ポニーテールをして長期間に渡り続くと、次第に前髪の生え際が脱毛してきます。牽引(けんいん)=引っ張るという意味ですが、引っ張ることで脱毛するのが牽引性脱毛症なのです。

牽引性脱毛症の治療方法は簡単で、髪の毛にかかっている負荷を軽くしてやる、又は取り除いてあげれば、再び髪の毛は生えてきます。

対処法としては、毎日同じ髪型をしている場合は、日によって違う髪型にしたり、家にいるときは髪をくくっているゴムを外すなどをすれば、1週間~数ヶ月で再び発毛し始めます。

エクステは牽引性脱毛症の危険性大!

 最近、女性のファッションの1つとしてエクステが流行っています。

エクステとは、部分的なカツラのようなもので、すでにある髪に編み込んだり接着することによって、おしゃれなボリュームのある髪型に仕上げるというものです。

このエクステは一度つけると、1ヶ月~3か月前後の長期間に渡り髪の毛に負担をかけつづけるので、中には円形脱毛症のように脱毛してしまう人がいます。

エクステによる脱毛も牽引性脱毛症の1つになりますので、やはり髪の毛に負担がかかりすぎる髪型は気を付けるべきです。

AGAの必須アイテム!

現在、日本全国にはたくさんのAGAクリニックがありますが、最近ではより利用者目線に立ちオンライン診察も可能なクリニックがでてきました。【AGAヘアクリニック】は診察料はずっと0円、テレビ電話によるオンライン診察、利用者の希望によるお薬処方など、極力手間と無駄を省いたAGAクリニックです。

私は必須のプロペシアに加えて頭皮にミノキシジル(ロゲイン5%)を使用しておりましたが、特有の副作用に悩まされ効果も薄かったので、こちらのチャップアップ(CHAPUP)に変えてから副作用が全くなく快適に毎日使用しています!詳しくはこちら ⇒ 「私がミノキシジル(リアップやロゲイン)からチャップアップに変えた理由。

< ページの一番上へ >
< トップページへ >