トップページ > AGA治療専門用語集 > 中毒性脱毛症

中毒性脱毛症とAGA(男性型脱毛症) - AGA治療関連情報

AGA治療専門用語集

中毒性脱毛症

 中毒性脱毛症は、中毒と聞くと「毒」による脱毛だと思ってしまいがちですが、肉体的なストレスや精神的なストレスが原因となる脱毛のことを指します。

中毒性脱毛症はAGAのように少しずつ抜けていくのではなく、急激に脱毛することが特徴で、一時的なものです。

また、抗がん剤やインターフェロンなどの化学療法の副作用による脱毛も、中毒性脱毛症に分類されます。

中毒性脱毛症は、性別や年齢を問わず、肉体的なストレス・精神的なストレス・化学療法などを受けることがあれば、誰しもが発症する可能性があるものです。

中毒性脱毛症の治療は、原因となる要因を取り除けば、自然と再び発毛しますので、特別な治療薬は通常用いません。

AGAの必須アイテム!

現在、日本全国にはたくさんのAGAクリニックがありますが、最近ではより利用者目線に立ちオンライン診察も可能なクリニックがでてきました。【AGAヘアクリニック】は診察料はずっと0円、テレビ電話によるオンライン診察、利用者の希望によるお薬処方など、極力手間と無駄を省いたAGAクリニックです。

私は必須のプロペシアに加えて頭皮にミノキシジル(ロゲイン5%)を使用しておりましたが、特有の副作用に悩まされ効果も薄かったので、こちらのチャップアップ(CHAPUP)に変えてから副作用が全くなく快適に毎日使用しています!詳しくはこちら ⇒ 「私がミノキシジル(リアップやロゲイン)からチャップアップに変えた理由。

< ページの一番上へ >
< トップページへ >