トップページ > AGA治療専門用語集 > 瘢痕性脱毛症

瘢痕性脱毛症とAGA(男性型脱毛症) - AGA治療関連情報

AGA治療専門用語集

瘢痕性脱毛症

 瘢痕(はんこん)とは傷痕という意味で、瘢痕性脱毛症とは、火傷外傷などによって毛包が壊され、毛が生えてこなくなることをいいます。

毛包の中には髪の毛を造る毛母細胞が入っていますが、一度壊されると再度髪の毛を生やすことはありません。

火傷、外傷の他にも、熱傷、ガンの放射線治療、頭皮のできものなどによっても毛包が破壊され、永久脱毛の状態になることがあります。

まずは瘢痕となる原因を取り除くことが大切です。何らかの病気が原因のものであれば、病気の治療をし、小さな瘢痕であれば、周囲の皮膚を縫いとめるなどの形成手術をすることで、脱毛部位を隠すことができます。

AGAの必須アイテム!

現在、日本全国にはたくさんのAGAクリニックがありますが、最近ではより利用者目線に立ちオンライン診察も可能なクリニックがでてきました。【AGAヘアクリニック】は診察料はずっと0円、テレビ電話によるオンライン診察、利用者の希望によるお薬処方など、極力手間と無駄を省いたAGAクリニックです。

私は必須のプロペシアに加えて頭皮にミノキシジル(ロゲイン5%)を使用しておりましたが、特有の副作用に悩まされ効果も薄かったので、こちらのチャップアップ(CHAPUP)に変えてから副作用が全くなく快適に毎日使用しています!詳しくはこちら ⇒ 「私がミノキシジル(リアップやロゲイン)からチャップアップに変えた理由。

< ページの一番上へ >
< トップページへ >