トップページ > AGA治療専門用語集 > 分娩後脱毛症

分娩後脱毛症とAGA(男性型脱毛症)

AGA治療専門用語集

分娩後脱毛症

 分娩後脱毛症は、女性が妊娠出産後にかかる脱毛症で、妊婦の約半数が経験するといわれています。

原因は、ホルモンバランスの崩れで、妊娠中は女性ホルモンが急激に増加し髪の量が増えますが、出産後は、一気に元の状態に戻るため、増えた髪の毛も一気に脱毛するのです。

妊娠出産は自然現象なので、分娩後脱毛症も自然現象の1つであり、何も治療をしなくても、数か月で元の状態に戻ります。

しかし、中にはストレスや育児疲れなどで、ホルモンバランスがなかなか元の状態に戻らず、脱毛が進行する場合もあります。

そのため、出産後は、食生活や生活習慣に気を付け、ストレスをためないように過ごすことが大切です!

AGAの必須アイテム!

現在、日本全国にはたくさんのAGAクリニックがありますが、最近ではより利用者目線に立ちオンライン診察も可能なクリニックがでてきました。【AGAヘアクリニック】は診察料はずっと0円、テレビ電話によるオンライン診察、利用者の希望によるお薬処方など、極力手間と無駄を省いたAGAクリニックです。

私は必須のプロペシアに加えて頭皮にミノキシジル(ロゲイン5%)を使用しておりましたが、特有の副作用に悩まされ効果も薄かったので、こちらのチャップアップ(CHAPUP)に変えてから副作用が全くなく快適に毎日使用しています!詳しくはこちら ⇒ 「私がミノキシジル(リアップやロゲイン)からチャップアップに変えた理由。

< ページの一番上へ >
< トップページへ >