トップページ > AGA治療専門用語集 > 粃糠性脱毛症

粃糠性脱毛症とAGA(男性型脱毛症)

AGA治療専門用語集

粃糠性脱毛症

 粃糠性脱毛症(ひこうせい)は、皮脂の分泌異常や角質の代謝異常により、乾燥した皮脂が「フケ」となって、過剰にでる皮膚病です。

通常、人間の生理現象として、皮膚表面の角質は、細胞の生まれ変わりによって自然とフケとなって脱落していくものですが、粃糠性脱毛症になると、フケの量が過剰に多くなり、毛穴を塞いでしまうことで、皮膚表面が炎症したり毛が脱毛したりします。

粃糠性脱毛症の原因

 粃糠性脱毛症の原因は、皮膚表面に存在する常在菌の異常繁殖によるものであることはわかっています。

ただし、なぜ常在菌が異常繁殖するのかは、まだはっきりとはわかっていません。

粃糠性脱毛症は、アトピーなどのアレルギー症状を発症している人がかかりやすいため、何らかの自己免疫が関係していると考えられています。

粃糠性脱毛症の治療法

 粃糠性脱毛症の治療では、ステロイドの塗り薬を使って頭皮の炎症を抑えます。

かゆみが強い場合には、抗ヒスタミン薬を内服したり、ビタミンB2、B6などの栄養補給を行うこともあります。

AGAの必須アイテム!

現在、日本全国にはたくさんのAGAクリニックがありますが、最近ではより利用者目線に立ちオンライン診察も可能なクリニックがでてきました。【AGAヘアクリニック】は診察料はずっと0円、テレビ電話によるオンライン診察、利用者の希望によるお薬処方など、極力手間と無駄を省いたAGAクリニックです。

私は必須のプロペシアに加えて頭皮にミノキシジル(ロゲイン5%)を使用しておりましたが、特有の副作用に悩まされ効果も薄かったので、こちらのチャップアップ(CHAPUP)に変えてから副作用が全くなく快適に毎日使用しています!詳しくはこちら ⇒ 「私がミノキシジル(リアップやロゲイン)からチャップアップに変えた理由。

< ページの一番上へ >
< トップページへ >