トップページ > AGA治療専門用語集 > 育毛サロン(発毛サロン・増毛サロン)

育毛サロン(発毛サロン・増毛サロン) - AGA治療関連情報

AGA治療専門用語集

育毛サロン(発毛サロン・増毛サロン)

 育毛サロンという言葉を聞いたことがありますでしょうか?発毛サロン増毛サロンと呼ばれることもあります。

どの言葉を使うかは法律で明確に定められているわけではありませんので、各企業が好きに名乗っています。

あまり詳しくは書けないのですが、よくCMで流れている髪を生やすお店がこれらに当てはまります。各社有名人をバンバン起用して、大々的にCMをしていますよね。いったいそのお金はどこからでてくるのやら(^^;)

育毛サロンとAGAクリニックの違い

 育毛サロンとAGAクリニックの大きな違いは、医療機関であるかそうでないかということです。

私が通っているあ 湘南美容外科クリニックはAGAクリニックですから医療機関です。

医療機関ですから、フィナステリドミノキシジルなど内服・外用薬を処方できますし、注射や点滴などの施術も行うことができます。

対して育毛サロンは医療機関ではありませんから、これらは一切できません!もししていたとしたら、それは違法です(^^;)

そのため育毛サロンでは、AGAの治療として日本皮膚科学会が最高Aランクに定めたフィナステリドやミノキシジルは使用できませんので、それ以外の方法で薄毛治療を行います。

一般的な育毛サロンで行われている施術は、以下のようなものです。

  • 頭皮の老廃物を徹底的に洗浄する
  • 頭皮マッサージをする
  • 微弱電流や低周波を用いて頭皮の血行を促進する
  • 独自に開発した育毛剤を塗布する

以上のようなものになります。

中でも「独自に開発した育毛剤」についてですが、もちろんフィナステリドやミノキシジルは含まれていません。これで果たして効果があるのかどうか...。

しかも育毛サロンは治療費用がバカ高いです!

数十万円はザラですし、数百万円つぎ込む人もいるそうです。それだけあれば、AGAクリニックであれば最先端のAGA治療ができますよね(^^;)

これは私の意見ですが、育毛サロンに行くくらいなら、きちんとしたAGAクリニックに行く方が、100倍いいと思います!(笑)

AGAの必須アイテム!

現在、日本全国にはたくさんのAGAクリニックがありますが、最近ではより利用者目線に立ちオンライン診察も可能なクリニックがでてきました。【AGAヘアクリニック】は診察料はずっと0円、テレビ電話によるオンライン診察、利用者の希望によるお薬処方など、極力手間と無駄を省いたAGAクリニックです。

私は必須のプロペシアに加えて頭皮にミノキシジル(ロゲイン5%)を使用しておりましたが、特有の副作用に悩まされ効果も薄かったので、こちらのチャップアップ(CHAPUP)に変えてから副作用が全くなく快適に毎日使用しています!詳しくはこちら ⇒ 「私がミノキシジル(リアップやロゲイン)からチャップアップに変えた理由。

< ページの一番上へ >
< トップページへ >