トップページ > AGA治療関係のコラム > 育毛サロン・発毛サロン・増毛サロンの違い

育毛サロン・発毛サロン・増毛サロンの違い - AGA治療関連情報

AGA治療関係のコラム

育毛サロン・発毛サロン・増毛サロンの違い

 私のように薄毛やハゲに悩んでいる方は、インターネットで治療法をいろいろと検索すると思います。自分のことですから、当然ですが真剣です。

そこで必ず行き当たるのが、育毛サロンです。発毛サロン増毛サロンという名称を使っていることもあります。

結論から申し上げますと、育毛剤と発毛剤の違いでも解説しておりますが、育毛剤と発毛剤に違いはないため、育毛サロン・発毛サロン・増毛サロンにも、明確な区別はありません。

すべて髪を生やすための治療をするサロンであるという認識で正解です。似たような名称を使っているので、私たちは混乱してしまいますよね。

実際の育毛サロンや発毛サロンは、テレビでよくCMが流れているので、特に名称はあげなくても有名どころはみなさんご存じのはずです。

具体的な名称を挙げてしまうと、いろいろと問題がありそうなのであえて伏せますが、皮膚科やAGA専門クリニックなどの医療機関ではなく、一般の民間企業がやっている薄毛治療は、すべて育毛サロン・発毛サロンにあたります。

育毛サロン・発毛サロンなどは医療機関ではありません!

 育毛サロン・発毛サロンの最大の特徴は、"医療機関ではない!"ということです。

医療機関ではないということは、AGAの第一治療薬となっているプロペシアやミノキシジルが処方できません。

では、どうやって治療をしているのかというと、独自の技術・独自の育毛剤・独自の機器などを使います....。怪しすぎる(^^;)

AGA(男性型脱毛症)の原因でも解説していますが、薄毛・ハゲの原因の9割以上はAGAが原因です。

AGAを治療するためには、外部からマッサージや育毛剤を注入だけでなく、プロペシアに含まれるフィナステリドを服用し、DHT(脱毛ホルモン)を抑制する必要があります。

しかし、育毛サロンや発毛サロンではプロペシアを処方できないので、ん~果たして効果があるのかどうか....。

また、治療費用もバカ高いです!!

一例をあげると、3か月で50万、半年で100万、1年で170万といった具合です...。それプラス、この育毛剤がいい、この器具がいいと、オリジナル製品を勧められるそうです。極めつけは、ローンも組めますよ...。

いや~こりゃ意味ないでしょ(笑)

しかし、実際に育毛サロンや発毛サロンに通って効果があった人もいるようなので、一概に意味ないとはいえないのかもしれません。

ただ1つだけ言えるのは、育毛サロンや発毛サロンに通うお金があるんだったら、その前にAGA専門クリニック(医療機関)で、適切な治療を受けるべきだと私は思います。

プロペシア、ミノキシジル、デュタステリド、育毛カクテル注入などなど、できることはたくさんあります。

それでやるだけやってダメだったら、高額な治療費を支払ってでも、育毛サロンや発毛サロンに通えばいいのです。でもこれだけ高額なお金を支払うんだったら、自毛植毛術をやってしまった方が確実ですが(^^;)

AGAの必須アイテム!

現在、日本全国にはたくさんのAGAクリニックがありますが、最近ではより利用者目線に立ちオンライン診察も可能なクリニックがでてきました。【AGAヘアクリニック】は診察料はずっと0円、テレビ電話によるオンライン診察、利用者の希望によるお薬処方など、極力手間と無駄を省いたAGAクリニックです。

私は必須のプロペシアに加えて頭皮にミノキシジル(ロゲイン5%)を使用しておりましたが、特有の副作用に悩まされ効果も薄かったので、こちらのチャップアップ(CHAPUP)に変えてから副作用が全くなく快適に毎日使用しています!詳しくはこちら ⇒ 「私がミノキシジル(リアップやロゲイン)からチャップアップに変えた理由。

同カテゴリ「AGA治療関係のコラム」内の他ページ

< ページの一番上へ >
< トップページへ >