トップページ > AGA治療関係のコラム > 育毛剤や発毛剤の「医薬品」と「医薬部外品」の違い

育毛剤や発毛剤の「医薬品」と「医薬部外品」の違い - AGA治療関連情報

AGA治療関係のコラム

「医薬品」と「医薬部外品」の違い

プロペシア 薬局やドラッグストアに行くと、多種多様な育毛剤発毛剤が販売されています。

パッケージの裏側の説明文を読んでみると、「医薬品」と書いてあったり「医薬部外品」と書いてあったりします。

言葉から推測すると、「医薬品は、薬?」「医薬部外品は、薬じゃないけど薬?」というような、よくわからない想像しかできません(^^;)

育毛剤や発毛剤に書いてある医薬品と医薬部外品の違いを、検証したいと思います(^^)

医薬品の分類は、薬事法によって定められています。

 日本には薬事法という法律があります。薬事法は、薬に関するさまざまな取決め事が書かれている法律ですが、その中には、薬の分類に関する項目があります。

そこに、医薬品と医薬部外品の定義について書かれています。

医薬品の定義
1.日本薬局方に収められている物
2.人又は動物の疾病の診断、治療又は予防に使用されることが目的とされている物であって、器具器械(歯科材料、医療用具及び衛生用品を含む。以下同じ)でないもの(医薬部外品を除く)
3.人又は動物の身体の構造又は機能に影響を及ぼすことが目的とされている物であって、器具器械でないもの(医薬部外品及び化粧品を除く)
医薬部外品の定義
1.吐きけその他の不快感又は口臭若しくは体臭の防止
2.あせも、ただれ等の防止
3.脱毛の防止、育毛又は除毛
4.人又は動物の保健のためにするねずみ、はえ、蚊、のみ等駆除又は防止

小難しい言葉で書かれていますが、かみ砕いて解説しますと、医薬品とは、「病気の診断や治療予防に使われるもの」 。医薬部外品は「不快感や口臭などに使われる作用が緩やかなもの」 という解釈ができます。

つまり、医薬品の方が効果が高くなります。AGA治療薬でいうと、リアップは医薬品ですが、サクセスやモウガなどは、医薬部外品になります。リアップにはミノキシジルが配合されており、AGA治療でも一般的に用いられています。

「医薬品」と「医薬部外品」の購入方法の違い

 「医薬品」と「医薬部外品」では、購入方法も違います。

医薬品は、さらに医療用医薬品一般用医薬品に分類されますので、わかりやすいように表にまとめてみました。

医薬品 医療用医薬品 医師による処方箋が必要
一般用医薬品
(大衆薬)
薬局・ドラッグストア等で、薬剤師などによる専門家の助言を得てから、自らの判断で購入する
医薬部外品 薬局・ドラッグストア以外でも購入可能

医薬品と医薬部外品の購入方法には、以上のような違いがあります。

医薬品は処方箋が必要であったり、専門家の助言が必要になりますが、効果が高く、逆に副作用も強くでる場合があります。対して医薬部外品は、効き目は緩やかですが、副作用も緩やかであるという特徴があります。

AGAの必須アイテム!

現在、日本全国にはたくさんのAGAクリニックがありますが、最近ではより利用者目線に立ちオンライン診察も可能なクリニックがでてきました。【AGAヘアクリニック】は診察料はずっと0円、テレビ電話によるオンライン診察、利用者の希望によるお薬処方など、極力手間と無駄を省いたAGAクリニックです。

私は必須のプロペシアに加えて頭皮にミノキシジル(ロゲイン5%)を使用しておりましたが、特有の副作用に悩まされ効果も薄かったので、こちらのチャップアップ(CHAPUP)に変えてから副作用が全くなく快適に毎日使用しています!詳しくはこちら ⇒ 「私がミノキシジル(リアップやロゲイン)からチャップアップに変えた理由。

同カテゴリ「AGA治療関係のコラム」内の他ページ

< ページの一番上へ >
< トップページへ >