トップページ > AGA治療専門用語集 > 男性型脱毛症診療ガイドライン

男性型脱毛症診療ガイドライン - AGA治療関連情報

AGA治療専門用語集

男性型脱毛症診療ガイドライン

プロペシア 日本は欧米に比べ、AGAの治療の歴史は浅いです。それは、プロペシアなどのAGA治療薬の認可が下りるのが遅かったということが原因の1つです。

そのような中2010年に、日本皮膚科学会が、AGAの標準的な治療方針を男性型脱毛症診療ガイドラインにして公開しています。

その中で、AGA治療として効果的な薬について、推奨度をA・B・C1・C2・Dの五段階に分けて評価しています。

男性型脱毛症診療ガイドライン(日本皮膚科学会)

<推奨度の意味>
A = 行うよう強く勧められる
B = 行うよう勧められる
C1 = 行うことを考慮してもよいが、十分な根拠がない
C2 = 根拠がないので勧められない
D = 勧められない

治療方法 性別 推奨度
フィナステリド内服 男性 A
女性 D
ミノキシジル外用 男性 A
女性
塩化カルプロニウム外用 男性 C1
女性
t-フラバノン外用 男性 C1
女性
アデノシン外用 男性 C1
女性
サイトプリン・ペンタデカン外用 男性 C1
女性
ケトコナゾール外用 男性 C1
女性
セファランチン外用 男性 C2
女性
植毛術 自毛 B
人工毛 D

フィナステリドというのは、AGAの第一治療薬となっているプロペシアの主成分のことです。

男性ではA=行うよう強く勧められるとなっております。女性には副作用が強いので使えないことになっています。

ミノキシジルはリアップやロゲインなどの主成分ですが、こちらは男性も女性もA=行うよう強く勧められるとなっています。

フィナステリドとミノキシジルは、日本皮膚科学会が最高Aランクに評価したAGA治療薬です。この2種類に関しては、日本では医師に処方してもらわなければ手に入りません。

オオサカ堂などの個人輸入であれば、医師の処方箋がなくても手に入れることはできます。

それ以下の塩化カルプロニウム外用・t-フラバノン外用 アデノシン外用・サイトプリン・ペンタデカン外用・ケトコナゾール外用・セファランチン外用については、市販の育毛剤によく含まれている成分です。

評価は、C1 = 行うことを考慮してもよいが、十分な根拠がない、又は、C2 = 根拠がないので勧められないとなっています。市販の育毛剤に含まれている成分については、日本皮膚科学会の見解は根拠がないと評価しています。

最下段の植毛術ですが、一般的に植毛は、髪の毛が全くなくなってしまったツルツルのサザエさんの波平さんのような頭に施術します。

そのため、まだ薄くても髪の毛が生えている場合は、植毛術をすると皮膚の炎症などの合併症が起こりやすいので行えません。

植毛術については日本皮膚科学会は、自毛植毛をB = 行うよう勧められる、人工植毛をD = 勧められないと評価しています。

自分の毛を使うか人工の毛を使って植毛するかの違いですが、人工植毛は頭皮の炎症などの合併症が起こりやすいので、アメリカではすでに禁止されています。

日本ではまだ一部で行われていますが、日本皮膚科学会はDと評価しています。自毛植毛については、B = 行うよう勧められるとしています。

日本皮膚科学会が男性型脱毛症診療ガイドラインを作成したことで、日本の標準的なAGA治療が公に認知され、どの皮膚科でも標準的な治療が受けられるようになりました。

AGAの必須アイテム!

現在、日本全国にはたくさんのAGAクリニックがありますが、最近ではより利用者目線に立ちオンライン診察も可能なクリニックがでてきました。【AGAヘアクリニック】は診察料はずっと0円、テレビ電話によるオンライン診察、利用者の希望によるお薬処方など、極力手間と無駄を省いたAGAクリニックです。

私は必須のプロペシアに加えて頭皮にミノキシジル(ロゲイン5%)を使用しておりましたが、特有の副作用に悩まされ効果も薄かったので、こちらのチャップアップ(CHAPUP)に変えてから副作用が全くなく快適に毎日使用しています!詳しくはこちら ⇒ 「私がミノキシジル(リアップやロゲイン)からチャップアップに変えた理由。

< ページの一番上へ >
< トップページへ >