トップページ > AGA治療専門用語集 > 塩化カルプロニウム液(フロジン液)

塩化カルプロニウム液(フロジン液) - AGA治療薬

AGA治療専門用語集

塩化カルプロニウム液(フロジン液)

 塩化カルプロニウム液フロジン液とも呼ばれる液体で、頭皮に直接塗布することによって、薄毛やハゲの治療に効果的とされています。

塩化カルプロニウム液は、元々は慢性胃炎や胃下垂などの治療薬として用いられており、胃の働きを活発にし、胃液の分泌を促す効果もあります。

頭皮に直接塗布することにより、血管拡張作用があり、頭皮の血行を促進することで、髪の毛を造る毛乳頭細胞に十分な栄養が届くようにし、発毛を促します。

AGAの治療として使われる塩化カルプロニウム液は5%のものが一般的ですが、5%の濃度の製品を購入するためには医師の処方箋が必要となります。

市販されている育毛剤で塩化カルプロニウム液が配合されている製品は、第一三共ヘルスケアから販売されている『カロヤン』シリーズが有名ですが、市販品は1~2%程度しか配合されていません。

一般的には濃度が濃い方が良く効きますので、やはり市販品よりは医師に処方してもらう製品の方がよく効きます。

塩化カルプロニウム液はAGAに効くのか?

 日本皮膚科学会が公表している男性型脱毛症診療ガイドラインによると、塩化カルプロニウム外用薬は次のように評価されています。

C1 = 行うことを考慮してもよいが、十分な根拠がない

つまり、AGAの治療薬としては現時点では科学的根拠が乏しいので、使っても良いが効果は実際のところわからないというような評価です。

対してAGAの第一治療薬となっているミノキシジルは、最高Aランク=A = 行うよう強く勧められると評価されていますので、塩化カルプロニウム液を使用するなら、効果が実証されているミノキシジルを使用した方がよいと思います(^^)

AGAの必須アイテム!

現在、日本全国にはたくさんのAGAクリニックがありますが、最近ではより利用者目線に立ちオンライン診察も可能なクリニックがでてきました。【AGAヘアクリニック】は診察料はずっと0円、テレビ電話によるオンライン診察、利用者の希望によるお薬処方など、極力手間と無駄を省いたAGAクリニックです。

私は必須のプロペシアに加えて頭皮にミノキシジル(ロゲイン5%)を使用しておりましたが、特有の副作用に悩まされ効果も薄かったので、こちらのチャップアップ(CHAPUP)に変えてから副作用が全くなく快適に毎日使用しています!詳しくはこちら ⇒ 「私がミノキシジル(リアップやロゲイン)からチャップアップに変えた理由。

< ページの一番上へ >
< トップページへ >