トップページ > プロペシア情報局 > プロペシア(フィナステリド)などのAGA治療費用の医療費控除

プロペシア(フィナステリド)などのAGA治療費用の医療費控除

プロペシア(フィナステリド)の効果・副作用などの情報

プロペシアなどのAGA治療費用の医療費控除

プロペシア AGAの第一治療薬となっているプロペシアですが、ネックとなってくるのが治療費用です!

AGAの治療は基本的に保険適用外となるので、かかった治療費の100%を患者が負担することになります。

治療内容によっても大きく異なりますが、最も基本的なプロペシアの単剤処方でも、1年間に8万~10万円程度はかかります。

ミノキシジルなど他の治療薬を併用している方も多いので、その場合だと、1年間に10万円以上かかっている方が多いです。

実は日本には医療費控除という税金のシステムがあり、税務署に申告すれば、1年間に10万円以上かかった医療費については、10万円を差し引いた残りの部分の10%(1割)が還付されるのです。

医療費控除額を求める具体的な式は下記です。

医療費控除額 = (1年間にかかった医療費 - 10万円)×10%

例えば、1年間に20万円の医療費がかかったとすると、(20万 - 10万)×10%で、1000円の還付が受け取れます。

これだけだとあまりおいしくないようですが、医療費は家族の分も合算できるので、手術や入院などで多くの医療費がかかった年は、控除額も大きくなります。

AGAの治療費用で医療費控除を受ける方法

 プロペシアをはじめとするAGA治療薬ですが、医療費控除を受けられるか否か?というところが焦点となってきます。

まず医療費控除を受けるための医療費として認められるのは、以下の条件が必要となります。

  • 容姿や美容目的ではなく治療目的(医療行為)である
  • 薬事法で定める医薬品である

ここで焦点となるのが、AGAの治療は美容目的なのか?治療目的なのか?ということです。

AGAは薄毛やハゲの治療になりますが、容姿にかかわるものです。しかし、AGA(男性型脱毛症)という立派な名前もついています。

しかもAGAの治療薬は、厚生労働省に認められ薬事法にも定められた列記とした医薬品です。医師の処方箋も必要です。

ということは「医療費控除の対象となる?」と考えられますが、実は税務署によって見解が異なるようです(^^;)

税務署によって見解が異なるというのは意味がわかりませんが、確定申告はしてみたものの後から認められないと言われても困りますので、確定申告をする前に一度、所轄の税務署に確認しておいた方がよいでしょう!

ちなみに、後から証明を求められることがありますので、必ず医師の処方箋や領収書はきちんと保管しておきましょう!

AGAの必須アイテム!

現在、日本全国にはたくさんのAGAクリニックがありますが、最近ではより利用者目線に立ちオンライン診察も可能なクリニックがでてきました。【AGAヘアクリニック】は診察料はずっと0円、テレビ電話によるオンライン診察、利用者の希望によるお薬処方など、極力手間と無駄を省いたAGAクリニックです。

私は必須のプロペシアに加えて頭皮にミノキシジル(ロゲイン5%)を使用しておりましたが、特有の副作用に悩まされ効果も薄かったので、こちらのチャップアップ(CHAPUP)に変えてから副作用が全くなく快適に毎日使用しています!詳しくはこちら ⇒ 「私がミノキシジル(リアップやロゲイン)からチャップアップに変えた理由。

同カテゴリ「プロペシア情報局」内の他ページ

< ページの一番上へ >
< トップページへ >