トップページ > プロペシア情報局 > プロペシア(フィナステリド)の服用と胎児(赤ちゃん)への影響

プロペシア(フィナステリド)の服用と胎児(赤ちゃん)への影響

プロペシア(フィナステリド)の効果・副作用などの情報

プロペシアの服用と胎児(赤ちゃん)への影響

プロペシア AGAの第一治療薬となっているプロペシアですが、だれにでも使えるというものではなく、男性だけにしか使えません。

女性にも薄毛に悩んでいる方は多いのですが、プロペシアの主成分であるフィナステリドが、女性にはデメリットの方が大きく、処方してはいけないことになっています。

女性が服用すると、特に赤ちゃん(胎児)に影響がでることがあるため、絶対的なタブーとされています。

女性が服用した場合と男性が服用した場合の、赤ちゃん(胎児)への影響は以下です。

女性が服用した場合

 フィナステリドは日本ではAGA(男性型脱毛症)の治療薬として認可されていますが、元々は前立腺肥大症の治療薬として用いられていました。

前立腺は男性にしかない臓器で精子の元となる物質を産生していますが、フィナステリドは作用の1つとして、前立腺を縮小させるというものがあります。

元々前立腺が大きくなってしまう病気である前立腺肥大症の治療薬なので、前立腺を小さくすることは、前立腺肥大症の薬としてはとても良い効果です。

しかし、女性がフィナステリドを服用し、もしお腹に赤ちゃんができていたとしたら、フィナステリドは血液に溶け込み赤ちゃんにも影響してしまい、赤ちゃん(特に男児)の生殖器に異常を起こす可能性があるのです。これは動物実験で確認されています。

そのため、妊娠の可能性がある女性は絶対にフィナステリドを服用してはいけないことになっています。

また、仮に女性がフィナステリドを服用したとしても、男性ほど効果がみられないことから、女性の薄毛にはミノキシジルを用いることが一般的になっています。

男性が服用した場合

 男性のAGAの治療では、必ずといっていいほどプロペシアを服用します。

フィナステリドは前項のように女性にはデメリットが大きいのですが、男性にはとても効果的です。

フィナステリドを服用している男性で、パートナーの妊娠を考えている方もいらっしゃると思いますが、フィナステリドは男性が服用しても直接精液に影響はありません。

精液中にフィナステリドが混入する量はごく少量なので、ほとんど無視できるレベルだとされています。赤ちゃん(胎児)に影響がでることはないとされています。

ただ、フィナステリドの副作用として、1%以下の発現率ですが、精子量の減少が確認されていますので、すぐに赤ちゃんを授かりたい方は、服用を中断した方がよいかもしれません。

それよりももっとも気を付けたいのが、男性が飲んでいるプロペシアを机の上に置いていて、その錠剤に女性や赤ちゃんが直接触れることです!

実はフィナステリドは皮膚からも吸収されるため、錠剤に触れることは危険とされています。もちろんコーティングはされていますのですぐに皮膚から吸収されるわけではありませんが、プロペシアの保管方法には十分注意しましょう!

AGAの必須アイテム!

現在、日本全国にはたくさんのAGAクリニックがありますが、最近ではより利用者目線に立ちオンライン診察も可能なクリニックがでてきました。【AGAヘアクリニック】は診察料はずっと0円、テレビ電話によるオンライン診察、利用者の希望によるお薬処方など、極力手間と無駄を省いたAGAクリニックです。

私は必須のプロペシアに加えて頭皮にミノキシジル(ロゲイン5%)を使用しておりましたが、特有の副作用に悩まされ効果も薄かったので、こちらのチャップアップ(CHAPUP)に変えてから副作用が全くなく快適に毎日使用しています!詳しくはこちら ⇒ 「私がミノキシジル(リアップやロゲイン)からチャップアップに変えた理由。

同カテゴリ「プロペシア情報局」内の他ページ

< ページの一番上へ >
< トップページへ >