トップページ > AGA治療関係のコラム > ミノキシジル5%は女性には使用できない!

ミノキシジル5%は女性には使用できない! - AGA治療薬

AGA治療関係のコラム

ミノキシジル5%は女性には使用できない!

 男性は薄毛に悩む人が多いイメージがありますが、実は女性でも薄毛に悩んでいる人はけっこういます。

男性の薄毛の原因は、ほぼ9割がAGAによるものですので、プロペシアとミノキシジルを使用して治療を行います。

しかし女性の場合、プロペシアは副作用が強く使用できなことになっています(女性のAGA(男性型脱毛症)にプロペシア(フィナステリド)は使用できません!)ので、女性の薄毛治療には、ミノキシジルを使用することが一般的です!

ミノキシジルにはミノキシジルの配合濃度によって、1%~5%の育毛剤が一般的です。16%や32%など、もっと濃度が濃い製品もあります。

男性の育毛剤で知名度が高いのが、大正製薬の「リアップ」です。ミノキシジルが5%含まれています。

しかし現在、ミノキシジル5%の女性への使用は、日本人女性では安全性が確認されていないので、使用できないことになっています。

それは、ミノキシジルには多毛症という副作用があり、髪の毛が濃くなると同時に、全身の毛にも作用してしまいますので、体毛が濃くなることがあるのです。

多毛症はミノキシジル濃度が濃いほど強くでるのですが、男性ではほとんど気にならないのですが、特に女性の場合は強くでることが多いのです。

また女性の場合、もともと男性ホルモンの量が少ないので、男性ホルモンから生成されるDHT(脱毛ホルモン)の量も少なくなるため、ミノキシジルの濃度が1%でも5%でも、それほど効果が変わらないということも理由の1つです。

女性向けの育毛剤として市販されているミノキシジル系治療薬は、大正製薬から販売されている「リアップリジェンヌ」が有名です。ミノキシジルが1%含まれています。

AGAの必須アイテム!

現在、日本全国にはたくさんのAGAクリニックがありますが、最近ではより利用者目線に立ちオンライン診察も可能なクリニックがでてきました。【AGAヘアクリニック】は診察料はずっと0円、テレビ電話によるオンライン診察、利用者の希望によるお薬処方など、極力手間と無駄を省いたAGAクリニックです。

私は必須のプロペシアに加えて頭皮にミノキシジル(ロゲイン5%)を使用しておりましたが、特有の副作用に悩まされ効果も薄かったので、こちらのチャップアップ(CHAPUP)に変えてから副作用が全くなく快適に毎日使用しています!詳しくはこちら ⇒ 「私がミノキシジル(リアップやロゲイン)からチャップアップに変えた理由。

同カテゴリ「AGA治療関係のコラム」内の他ページ

< ページの一番上へ >
< トップページへ >