トップページ > プロペシア情報局 > フィナステリドは前立腺肥大症の治療薬としては、厚生労働省の認可が下りていない!

フィナステリドは前立腺肥大症の治療薬としては、認可が下りていない!

プロペシア(フィナステリド)の効果・副作用などの情報

フィナステリドは前立腺肥大症の薬としては微妙!

 AGAの第一治療薬であるプロペシアに含まれるフィナステリドですが、「厚生労働省認可が下りていない!」と書くと、びっくりされる方も多いと思います。

前置きをしますと、前立腺肥大症の治療薬としては認可されていないだけで、AGA(男性型脱毛症)の治療薬としては正式に認可されていますので、ご安心くださいm(_ _)m

 さて、フィナステリドはもともと前立腺肥大症の治療薬として開発されたことをご存じの方も多いと思いますが、日本にフィナステリドが始めて輸入された際には、前立腺肥大症の治療薬として認可が下りませんでした。

それは、"即効性が乏しいから"です!

フィナステリドは1日1錠を毎日服用し続ける必要があり、効果があるのは半年から1年続けて初めて効果が実感できます。中には、2年~3年かかる人もいます。

フィナステリドには前立腺を縮小させる作用がありますから、前立腺肥大症の症状を軽減させることも可能なのですが、前立腺肥大症の治療薬は、他にももっと即効性があって効果の高いものがいくらでもありますので、わざわざ即効性の乏しいフィナステリドを認可する理由がなかったのです。

また、前立腺肥大症という病気は、頻尿になったりおしっこがでなくなったりといった排尿障害が主な症状ですが、病院を受診する患者さんは、「おしっこがでなくなった。」とびっくりしてはじめて受診する方も多いので、治療薬には即効性が求められるのです。

AGAの必須アイテム!

現在、日本全国にはたくさんのAGAクリニックがありますが、最近ではより利用者目線に立ちオンライン診察も可能なクリニックがでてきました。【AGAヘアクリニック】は診察料はずっと0円、テレビ電話によるオンライン診察、利用者の希望によるお薬処方など、極力手間と無駄を省いたAGAクリニックです。

私は必須のプロペシアに加えて頭皮にミノキシジル(ロゲイン5%)を使用しておりましたが、特有の副作用に悩まされ効果も薄かったので、こちらのチャップアップ(CHAPUP)に変えてから副作用が全くなく快適に毎日使用しています!詳しくはこちら ⇒ 「私がミノキシジル(リアップやロゲイン)からチャップアップに変えた理由。

同カテゴリ「プロペシア情報局」内の他ページ

< ページの一番上へ >
< トップページへ >