トップページ > プロペシア情報局 > 女性のAGA(男性型脱毛症)にプロペシア(フィナステリド)は使用できません!

女性のAGAにプロペシア(フィナステリド)は使用できません!

プロペシア(フィナステリド)の効果・副作用などの情報

女性のAGAにプロペシア(フィナステリド)は不可!

プロペシア(フィナステリド) AGA治療の第一治療薬となる"プロペシア"ですが、絶対にタブーとなっている禁止事項があります!

それは....女性には使えない!ということです。

AGAは別名:男性型脱毛症というくらいですから、「そりゃあ女性には使えないだろう。」とおっしゃる方もいると思いますが、実はAGAは男性だけでなく女性も発症します。

というか、女性の脱毛症の原因のほとんどがAGAなのです!

ですので、AGAは男性だけでなく、女性であればなおさら悩むものなのですが、それでも、第一治療薬であり効果的な"プロペシア"は使えないのです(^^;)

女性にプロペシア(フィナステリド)が使えない理由

 まず女性の中でも、特に妊娠している、妊娠の可能性がある、乳児に母乳を与えている女性には、絶対にプロペシアを処方してはいけないとなっています。

これは、プロペシアに含まれるフィナステリドは、DHT(脱毛ホルモン)を抑制する効果を持ちますが、DHTは脱毛を促す作用の他にも、胎児の性器を成長させるという重要な役割を持っています。

そのため、もし胎児をお腹に宿した女性がフィナステリドを服用してしまうと、胎児の性器の成長に影響を及ぼしてしまう可能性があるのです!

 次に、閉経後(生理がなくなった後)で妊娠の可能性が0%の女性に対してですが、胎児に影響がでる可能性はなくなるわけですが、同様にフィナステリドは処方されません。

閉経後(更年期以降)の女性にフィナステリドを処方したとしても、全く効果がないことが臨床結果からわかっているからです。

そのため、女性のAGA治療には、プロペシアなどの内用薬ではなく、ミノキシジル2%の外用薬が中心となっています。

AGAの必須アイテム!

現在、日本全国にはたくさんのAGAクリニックがありますが、最近ではより利用者目線に立ちオンライン診察も可能なクリニックがでてきました。【AGAヘアクリニック】は診察料はずっと0円、テレビ電話によるオンライン診察、利用者の希望によるお薬処方など、極力手間と無駄を省いたAGAクリニックです。

私は必須のプロペシアに加えて頭皮にミノキシジル(ロゲイン5%)を使用しておりましたが、特有の副作用に悩まされ効果も薄かったので、こちらのチャップアップ(CHAPUP)に変えてから副作用が全くなく快適に毎日使用しています!詳しくはこちら ⇒ 「私がミノキシジル(リアップやロゲイン)からチャップアップに変えた理由。

同カテゴリ「プロペシア情報局」内の他ページ

< ページの一番上へ >
< トップページへ >