トップページ > プロペシア情報局 > 特に妊娠中の女性はプロペシア(フィナステリド)は危険!

特に妊娠中の女性はプロペシア(フィナステリド)は危険!

プロペシア(フィナステリド)の効果・副作用などの情報

妊娠中の女性はプロペシア(フィナステリド)は危険!

 女性もAGA(男性型脱毛症)にかかるでも詳しく解説しておりますが、AGAは、男性だけでなく女性もかかります。

といいますか、女性の脱毛症で最も多いのがAGAなのです。

では、女性のAGAの治療では、「男性と同じように"プロペシア"を処方すればいい。」と思いがちですが、実は女性には処方できません!

特に、妊娠中の女性妊娠の可能性のある女性プロペシア(フィナステリド)を処方することは、医学界では絶対のタブーとされています!

これは、プロペシアに含まれるフィナステリドが、お腹の中の胎児に影響を及ぼす危険性があるためです。

フィナステリドが胎児に及ぼす影響

 プロペシアに含まれるフィナステリドという成分は、DHT(脱毛ホルモン)の生成を抑制します。つまり、DHTの分泌量が減少するのです。

AGAの治療としてはこれほどいいことはないのですが、DHTというホルモンは脱毛を促す作用だけでなく、胎児の性器をつくるという重要な働きもあるのです!

そのため、妊娠している女性がフィナステリドを服用してしまうと、お腹の胎児に何らかの影響がでる可能性が高いため、女性には処方されないのです。

また、フィナステリドは皮膚から体内に吸収されることがあるため、妊娠している女性や母乳を与えている女性が、例えばプロペシアの錠剤に触れることもNGです。

フィナステリドは赤ちゃんにとっては毒となりますので、必ず赤ちゃんの手の届かないところに保管しておきましょう!

ちなに、女性の薄毛にはミノキシジルが2%含まれた外用薬が一般的です。

AGAの必須アイテム!

現在、日本全国にはたくさんのAGAクリニックがありますが、最近ではより利用者目線に立ちオンライン診察も可能なクリニックがでてきました。【AGAヘアクリニック】は診察料はずっと0円、テレビ電話によるオンライン診察、利用者の希望によるお薬処方など、極力手間と無駄を省いたAGAクリニックです。

私は必須のプロペシアに加えて頭皮にミノキシジル(ロゲイン5%)を使用しておりましたが、特有の副作用に悩まされ効果も薄かったので、こちらのチャップアップ(CHAPUP)に変えてから副作用が全くなく快適に毎日使用しています!詳しくはこちら ⇒ 「私がミノキシジル(リアップやロゲイン)からチャップアップに変えた理由。

同カテゴリ「プロペシア情報局」内の他ページ

< ページの一番上へ >
< トップページへ >