トップページ > AGA治療関係のコラム > AGA治療薬は健康保険適用外(全額自己負担)が基本!

AGA治療薬は健康保険適用外(全額自己負担)が基本!

AGA治療関係のコラム

AGA治療薬は健康保険適用外(全額自己負担)!

プロペシア(フィナステリド) AGAの治療は健康保険適用外となります。通常保険適用の治療であれば、窓口で3割負担するだけで済みます。

1000円の治療費がかかれば、支払は300円で済みます。

しかし、AGAの治療は健康保険適用外になりますので、全額自己負担となります。1000円の治療費がかかれば1000円支払う必要があります。そのため、他の治療に比べるとけっこう高いです(^^;)

基本的に健康保険というのは、治療目的にのみ適用されるもので、AGAのような美容目的の治療には適用されないのです...。

AGAの治療は、プロペシアが最も基本的な治療薬となりますが、プロペシアだけで効果がない場合や、すでに毛が全くない範囲が広い場合には、プロペシアに追加して以下のような治療法を追加します。

  • ミノキシジル
  • オーダーメイド処方
  • 育毛カクテル

ミノキシジルというのは、いわずと知れたリアップ(大正製薬)の主成分で、直接頭皮に塗布するタイプが一般的です

オーダーメイド処方というのは、各AGAクリニックがオリジナルで処方している薬で、プロペシアとミノキシジル、さらにアミノ酸、亜鉛、ビタミンなど、髪の毛に必要とされる成分まで配合されています。

育毛カクテルというのは、注射器で頭皮に直接髪の毛の成長因子を注入することで、効果的に発毛を促すことができます。

私は 湘南美容外科クリニックというAGAクリニックに通っていますので、だいたいの相場をお話しますと、月額でいうと以下のようになります。

  • プロペシアの単剤処方約7,000円
  • プロペシア+ミノキシジル 約12,000円
  • オーダーメイド処方約20,000円
  • 育毛カクテル1回あたり約80,000円

ご覧の通り、AGAの治療費用ってけっこうかかるんです(^^;)

そのため、治療費用がネックで治療が続けられず、途中で断念する方も多くいらっしゃいます。

参考までに、私のAGAでかかった治療費用はこちらAGA治療費用内訳

私は完全なる庶民ですので、治療費用というのはけっこうネックになっています。しかしオオサカ堂の個人輸入を併用すれば、治療費用を50%~70%以下に抑えることが可能です!

詳しくはこちらAGA治療院と個人輸入を併用!

AGAの必須アイテム!

現在、日本全国にはたくさんのAGAクリニックがありますが、最近ではより利用者目線に立ちオンライン診察も可能なクリニックがでてきました。【AGAヘアクリニック】は診察料はずっと0円、テレビ電話によるオンライン診察、利用者の希望によるお薬処方など、極力手間と無駄を省いたAGAクリニックです。

私は必須のプロペシアに加えて頭皮にミノキシジル(ロゲイン5%)を使用しておりましたが、特有の副作用に悩まされ効果も薄かったので、こちらのチャップアップ(CHAPUP)に変えてから副作用が全くなく快適に毎日使用しています!詳しくはこちら ⇒ 「私がミノキシジル(リアップやロゲイン)からチャップアップに変えた理由。

同カテゴリ「AGA治療関係のコラム」内の他ページ

< ページの一番上へ >
< トップページへ >