トップページ > AGA治療関係のコラム > ミノキシジル(リアップ・ロゲイン・カークランド)の副作用

ミノキシジル(リアップ・ロゲイン・カークランド)の副作用

AGA治療薬の副作用

ミノキシジル製品の副作用

 AGAの第一治療薬となっているのが、内服薬のプロペシアと外用薬のミノキシジルです。

ミノキシジルは大正製薬から販売されているリアップが有名ですが、同じミノキシジル5%が含まれた製品が、上のロゲイン・カークランド・ポラリスです。リアップよりも安価なので、使用されている方も多いと思います。

プロペシアとミノキシジルは作用の仕方が全く異なるため、併用しても問題なく、むしろ併用することで効果が高くなる相乗効果が認められています。

ミノキシジルは頭皮に直接塗布する外用薬が一般的ですが、錠剤になっている内服薬も存在します。

外用薬も内服薬も、どちらもミノキシジルを体内に吸収させることになりますので、以下のような副作用が報告されています。

  • 頭皮の発疹・発赤・かゆみ・かぶれ・ふけ・使用部位の熱感など
  • 頭痛・気が遠くなる・めまい
  • 胸の痛み・心拍が速くなる
  • 体毛が濃くなる多毛症

ミノキシジルも薬ですから、必ず副作用が存在します。

最も多いのが「頭皮のかゆみ」など頭皮の異常で、他にも湿疹や皮膚炎なども確認されています。そのため、人によって合う合わないがありますので、副作用が強い場合は使用を中止する必要があります。

頭痛・気が遠くなる・めまい・胸の痛み・心拍が速くなるなどについては、ミノキシジルはもともと高血圧患者の血圧を下げる血圧降下剤として開発された薬です。

そのため、血管を拡張させ血液の循環を良くしますので、人によってはこのような症状がでることがあります。しかし髪の毛を生やす環境としては、血流は良い方がよいのです。

体毛が濃くなる多毛症についてですが、ミノキシジルは血行を促進すると同時に、発毛を促す成長因子の分泌を促します。

そのため、髪の毛だけでなく全身の毛に働くため、人によっては体毛が濃くなることがあります。手の指や足先などの末端の毛が濃くなることが多いようです。女性の場合、ヒゲのうぶ毛が濃くなることもあります。

ちなみに、ミノキシジルの副作用は、約9%程度の人に現れるといわれています。また、外用薬よりも内服薬の方が効果が高い分、副作用もでやすいとされています。

副作用がない、もしくはあっても軽微な程度であれば使用し続けることもできますが、重度の副作用が出る場合は使用を中止するか、きちんと医師に相談することが大切です!

AGAの必須アイテム!

現在、日本全国にはたくさんのAGAクリニックがありますが、最近ではより利用者目線に立ちオンライン診察も可能なクリニックがでてきました。【AGAヘアクリニック】は診察料はずっと0円、テレビ電話によるオンライン診察、利用者の希望によるお薬処方など、極力手間と無駄を省いたAGAクリニックです。

私は必須のプロペシアに加えて頭皮にミノキシジル(ロゲイン5%)を使用しておりましたが、特有の副作用に悩まされ効果も薄かったので、こちらのチャップアップ(CHAPUP)に変えてから副作用が全くなく快適に毎日使用しています!詳しくはこちら ⇒ 「私がミノキシジル(リアップやロゲイン)からチャップアップに変えた理由。

同カテゴリ「AGA治療関係のコラム」内の他ページ

< ページの一番上へ >
< トップページへ >