トップページ > AGAの平均的な治療期間

AGAの平均的な治療期間

AGAの基礎知識

AGAの平均的な治療期間

 AGAの治療を始める人が最も気になるのが、

"どれくらいの治療期間で効果がでるのか?"ということだと思います。

要は、どれくらい治療を継続すれば、毛が生えてくるの?ということです。

AGAの平均的な治療期間

AGA治療では、第一治療薬として「プロペシア」が処方されますが、"服用を始めて6か月(半年)"というのが、1つの目安となります。まずは半年続けてみて、効果が現れているかどうかを判断できます。

しかし薬というのは個人差が大きいので、半年~1年としているクリニックが多いようです。早い人では3か月目で効果が現れる人もいます。

AGAにより脱毛期間が長い人(薄毛を放置していた人)ほど、治療効果が現れるまでの期間が長くなる傾向があります。

軽症の人ほど早く効果が現れ、重症の人ほど効果が現れるまで長くかかるということです。

なお、フィナステリドは継続的に服用する程効果が現れるので、臨床結果によると、3年間服用することで、98%もの患者が脱毛を改善できた。または、脱毛を予防できたというデータがあります。

半年~1年で効果がないからといって、あきらめるのはまだ早い!ということです。

AGAの治療は半永久的に続ける必要があります!

 AGAの治療薬では、「プロペシア」が用いられることが一般的です。プロペシアに含まれるフィナステリドという成分が、DHT(脱毛ホルモン)の生成を阻止してくれるからです。

しかしこの薬は、服用している間は効果がありますが、服用をやめてしまうとDHT(脱毛ホルモン)の生成が始まってしまいます。

つまり、継続して飲み続ける必要がある!ということです。

まあ、「もういい年だしハゲてもいいや!」という人は、薬代もかからないことですし、服用をやめる決断をすることも1つの方法ですが、ハゲたくなければ、毎日1錠飲み続ける必要があるのです。

AGAの必須アイテム!

現在、日本全国にはたくさんのAGAクリニックがありますが、最近ではより利用者目線に立ちオンライン診察も可能なクリニックがでてきました。【AGAヘアクリニック】は診察料はずっと0円、テレビ電話によるオンライン診察、利用者の希望によるお薬処方など、極力手間と無駄を省いたAGAクリニックです。

私は必須のプロペシアに加えて頭皮にミノキシジル(ロゲイン5%)を使用しておりましたが、特有の副作用に悩まされ効果も薄かったので、こちらのチャップアップ(CHAPUP)に変えてから副作用が全くなく快適に毎日使用しています!詳しくはこちら ⇒ 「私がミノキシジル(リアップやロゲイン)からチャップアップに変えた理由。

< ページの一番上へ >
< トップページへ >