トップページ > AGA治療関係のコラム > AGA治療専門クリニック・皮膚科・個人輸入のメリット・デメリット比較!

AGA治療専門クリニック・皮膚科・個人輸入のメリット・デメリット比較!

AGA治療関係のコラム

AGA治療専門クリニック・皮膚科・個人輸入

AGA治療専門クリニック AGAの治療を行う方法は、AGA治療専門クリニック・皮膚科・個人輸入の3種類の方法があります。

AGA治療専門クリニックというのは、私が通っている 湘南美容外科クリニックのように、AGAの症状がある患者のみを診ている病院のことをいいます。

皮膚科はいうまでもなく、街にあるような皮膚科のことをいいます。皮膚疾患全般診ますので、AGAの治療もできます。

個人輸入は、個人が直接海外からプロペシアなどの治療薬を輸入することをいいますが敷居が高いので、通常オオサカ堂などの個人輸入代行業者を利用します。

AGA治療専門クリニック・皮膚科・個人輸入のそれぞれで、メリット・デメリットがありますので、比較してみたいと思います(^^)

  AGA専門治療院 皮膚科 個人輸入
AGA治療に対する専門性 高い AGA専門治療院よりは低い 自己責任
診療科 AGAのみ 皮膚疾患全般 -
検査 血液検査・遺伝子検査などができる 一般的な検査 なし
通院 基本1ヶ月ごとに、頭髪の経過を観察しながら処方される 1ヶ月~6か月に一度通い、まとめて薬をもらう なし
敷居 少し高い 低い 簡単
通いやすさ 都会にしかない 近所にある ネットですぐ
保険 AGA治療には適用なし AGA治療には適用なし なし
治療法 プロペシアの他に、ミノキシジル・育毛カクテル・植毛など選択肢が広い プロペシアのみ処方のところが多い AGA専門クリニック並みの薬が手に入る
費用 7,000~30,000円程度 9,000~10,000円程度 5,000~10,000円程度

 以上のようになります。

AGA治療専門クリニックは最も費用が高額になりますが、専門の医師による診察が受けられ、安心感は最も高くなります。

皮膚科は費用はAGA治療専門クリニックよりは少し安くはなりますが、基本的にはプロペシアの単剤処方だけで、あってもミノキシジルの外用薬だけだったりするので、中途半端な感じです。

個人輸入は費用は最も安く抑えることができ、ほとんどのAGA治療薬は手に入りますが、医師の診察などはないので自己責任が原則です。

私のおすすめは、AGA専門治療院と個人輸入を併用する!という方法ですが、この方法であれば遺伝子検査や血液検査なども受けることができますし、個人輸入で薬を調達すれば費用も安く抑えることができます(^^)

AGAの必須アイテム!

現在、日本全国にはたくさんのAGAクリニックがありますが、最近ではより利用者目線に立ちオンライン診察も可能なクリニックがでてきました。【AGAヘアクリニック】は診察料はずっと0円、テレビ電話によるオンライン診察、利用者の希望によるお薬処方など、極力手間と無駄を省いたAGAクリニックです。

私は必須のプロペシアに加えて頭皮にミノキシジル(ロゲイン5%)を使用しておりましたが、特有の副作用に悩まされ効果も薄かったので、こちらのチャップアップ(CHAPUP)に変えてから副作用が全くなく快適に毎日使用しています!詳しくはこちら ⇒ 「私がミノキシジル(リアップやロゲイン)からチャップアップに変えた理由。

同カテゴリ「AGA治療関係のコラム」内の他ページ

< ページの一番上へ >
< トップページへ >